プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

長袖ニットを長袖のままにしておく


ニット地用針がついたままなので、
5のニット地長袖シャツを直そうと思います。

Yシャツ類2


芯が入った硬い襟と、硬いカフスがポロシャツ地とは違った仕上がりです。

ニット1

邪魔っつーことで、


襟を取って、

ニット3

キワを縫い閉じる。


カフスを取って、

ニット4

表からジグザグミシン。
ジャージーっぽいのかな、ほつれにくい生地だった。


さっくり完成。

ニット2

紳士モノだからか、
カフス分を削ってもまだ長袖です。


まだ一枚で着られるような陽気じゃないなと 前作5 と6を脇に置いといたら
祖母がまとめて持っていってしまった。

たしかに、 前々作4 は祖母に与えた。
良さげなボタンを外してしょぼいボタンに付け替えて、下げ渡した。
5と6も自分に作ってるんだと思ったんだろうな。

なるほど。




にほんブログ村


発掘 お仕立てパンツ 【ボタン付け替えてサイズ調整】


すっかりご無沙汰しました。
それもこれも寒かった。
そろそろミシンも踏めそうな気候になってきました。
とはいえ、撮り溜めたとりとめもない画像をアップしてゆきます。

古箪笥の整理をしていてたまに面白いこともあります。
親戚の故人に数人、洋裁、仕立て屋関係についていた人たちがいます。
その人たちが作ったと思われる洋服をみつけると、けっこう楽しい気分になるんです。

今回発掘できたのが、コレ。

ハイウエスト (1)

神戸にいたという仕立て屋さん本人のモノか?
洋服は貴重ってことでウチに流れてきたんじゃないかと思われます。
昭和の一般男性サイズで、小柄です。


ハイウエストで、

ハイウエスト (1)a


ポケットや、切り替えが凝っていて面白い。

ハイウエスト (1)b


前ボタン式だったので、ボタンを付け替えてサイズ調整。

ハイウエスト (2)


ホックが取り外せなかったので、ボタン糸でループを付け直す。

ハイウエスト (2)c


友人との泊りがけの行楽があったので、 前作どってことないYシャツ と合わせて着て出かけました。
「Yシャツは襟と袖を直して、パンツはボタンでウエスト周りを調整したんだよ」
なかなかフツーにみえるでしょ?と得意げにしてみたところ、
「きっと何か手を加えたものだろうと思ってた。
けど、100%自作したのか、どうなのか、ずっと気になって見てたの」
と言われ、観察の視線をまったく感じなかったので、女子って怖ぇなぁって改めて思いました。

新品で、袋に入ってまま古くなってるYシャツがたくさんあるから直して送ろうか?
と訊くと、友人は少し考えていた。
「迷惑でなければ・・・」
そう言った友人の目の光り方が、わりと本気だった。

春から古着処分がんばるぞー!!




にほんブログ村


化繊100%スラックスをリメイク 【ゴムを通して完成】


開いて削ったんですが、
尻の縫い合わせを詰めてないのでウエストは締まっていません。

チェック (7)

今回は、見返しを使ってゴムを通し、ゴムでウエストを締めようと思います。


ゴムを通しました。

チェック (8)c

前中心から数えて1番目のベルト通しに隠しゴムをミシン留め。


完成。

チェック (8)b

限りなく一周近くゴムが通ってますが、


前中心はゴムでボコボコしないって配置になってます。

チェック (8)a

まぁ、どうせ冬用パンツ。
ウエスト回りが嵩張るとかどうってことない季節ですけどね。




にほんブログ村


モンペ柄作務衣を丈足らずパンツにリメイク 【完成】


解体したところで、いきなり完成。

もんぺ柄 (3)

解体~その他工程~完成の「その他工程」写真がみあたらなかったもので。

胴の丈がパンツには短かったので、
股上を何割か諦めて股下を確保しました。
背側は「わ裁ち」で幅の確保が出来たので後身頃を2枚とりました。
前面から前身頃をとりました。

解体作業を終えて、4枚に型取りした身頃を縫い合わせているとおっかさんに見つかりました。
「わぁ~、何作ってるの?何するの?どうするの?」
おっかさんが興味を示してきた。
一切の興味のないモノには出来上がり前から難癖を一通りつけた挙句、
「ババァにでも与えて喜ばせてやれ」
とさっさと決め付けてしまいます。

このモンペ柄の黒字に控えめながらも発色の良い赤い模様を気に入っているらしい。
おっかさんが穿くのなら、ある程度の丈を確保してやらねばなりません。
出来上がって許容を逸脱する丈だった場合、どんな逆恨みをされるかわかったもんじゃありません。

脇の縫い合わせの柄を合わせようとすると更に丈が短くなるので、
    脇          脇
□□□|□□□      □□□|■■■
■■■|■■■  →   ■■■|□□□
□□□|□□□      □□□|■■■
と、やりたいところを   段違いで誤魔化す。

股上を諦めた分は衿布を足して追加。
ここで柄の配置が変わるのですが、まぁ、いいってことにしおく。


もともと作務衣に付いてたポケットを使いまわす。

もんぺ柄 (3)a


ジグザグ止め。

もんぺ柄 (3)b


出来上がり。

もんぺ柄 (4)

おっかさんが持ってった。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村


モンペ柄作務衣を丈足らずパンツにリメイク 【解体】


古着の海から引っ張り出して眺めて、羽織なのかと思ったら、
左右に留め紐が付いていて、袖が筒状なので
作務衣だろう。

作務衣の定義は知らないですが、
まぁ、モンペ柄の作務衣ってことでやってきます。

もんぺ柄 (1)

生地はどうやらレーヨン。
テロンとした重さが安物っぽくもあり、
厚みの割りに軽い気もするので、並っぽくもあり、
モンペ柄にかわいさがある以上の価値を感じませんが、
モンペに見えたので、モンペ的なものに作りかることにします。


ともかく、解体。
胴と、

もんぺ柄 (2)


衿、袖、ポケット、紐、その他。

もんぺ柄 (2)a

柄は古いが、布地の無駄のなさにバブル崩壊後のせせこましさと合理性を感じる。
昭和産かと思いきや、あんがい最近の代物やもしれぬ。

とはいえ、継ぎ接ぎ生産にはなれてるんで、
どうってことないこまごましさです。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村


いまどきダーツブラウスを作る 【完成】


ボータイ、装着完了。

白シャツB (3)


で、完成。

白シャツB (3)a

後ろ身頃を長めにしときました。
最近、パンツの股上が深めになってきたので、前身頃は短めでもいいかなっと。


うしろも、ダーツ!!

白シャツB (3)b

印象、のっぺりですが、けっこう、絞られてます。


タイトルに勘違いがあるかもしれないので注釈しておきますと、
「いまどき」→「流行の」ではなく、
「いまどき」→新明解国語辞典参照 「多く、現実の処理には適しない情報処理の甘さや、
       判断力の不足への批判を、時勢の推移と結びつけて言う場合に用いられる」こっちだ。
「いまどき」→「今頃」でも「今更」、「わざわざ」でもあり。

これからハロウィン、クリスマスと続くパーティーの流れで
昨今のビックシルエットにデカ襟、袖口プリーツ飾りが加わりだし、
まだまだタイトでシンプルシルエットの兆し見えませんやね。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村


いまどきダーツブラウスを作る 【襟を付ける】


ダーツを縫って、表から飾りステッチ。
手間だった。。。

白シャツB (1)a

肩を縫い合わせて、


袖口を三つ巻きミシンして、脇を閉じる。

白シャツB (1)b

袖口は、折り返し縫い代を裏でキレイに処理したい。とか、
輪でバイアス処理とか、折り返しカフスを付けるとかだと、
脇閉じてからがえぇですね。


さてと、ここらでいよいよノーカラーでいくのか、
襟的なものを付けるのか考えなければなりません。

ノーカラーでさっくり済ませっぺ。
と、思っていたのですが、、、
そのさっくり処理が、たぶんバイアス処理。
バイアスにするくらいなら、ボーカラーが楽なんじゃねぇか?
ってコトで、衿布使いまわしてボーカラーにします。

白シャツB (2)


そのまま一枚付けで、
縫い合わせないところは三つ巻き処理。

白シャツB (2)b


襟ぐりと縫い合わせる部分は切り込みを入れておく。
切り込みなしでも、襟ぐりに付けば問題なし。

白シャツB (2)c

ボーカラーの縫い代は襟ぐりの縫い代と合わせて端ミシン処理。
縫い代は表からステッチ。

おしまい。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村


いまどきダーツブラウスを作る 【型取り】


まだまだ残り布があるので、もう一着こさえておこうか。

茅木真知子ホームクチュールセレクション』から、


黒いワンピース
(photo by Tsunenori Yamashita:文化出版局)

黒いワンピースの上身頃を使ってブラウスを作ってみよう。
サイズは13号でビックに作りますが、
このブラウス、半身頃に3本、前後合計12本のダーツで絞られています。

ビックシルエット全盛のこのご時勢に
あえて12本ダーツブラウスを作るのもまた一興。
手間はプリンセスライン超えてるかもしれない。

こういう簡単じゃないもんをぶっこんでくるマッチーが好きだ。


型とりました。

13号でも反物幅に収まりました。
マッチー本のサイズは13号も7号もほぼ大差ないですからね。
そこだけは、油断なさいませぬよう。

白シャツB (1)

ただの簡単フレンチスリーブにしか見えませんな。
このままノーカラーでいこうかなぁ、襟でもつけようかなー。
作りながら考えよっと。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村