プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

昆布ブラウス竜宮城化計画


昆布ブラウスにも刺す。

昆布ラウス (5)


うしろに刺しました。

竜宮 (1)

この生地は、手拭い調で刺しやすかった。


亀・鯛・亀。

竜宮 (2)


鯛。

竜宮 (3)


亀、

竜宮 (3)a


そして、亀。

竜宮 (3)b

昆布の陰にカニでも刺しとけばよかったな。
けど、カニの図案は見かけなかったのもので、、、



【図案参考図書】
つくって贈る お守り刺しゅう


恵比寿と鯛の恵比寿尊を省略。
亀はなんだったかな、反転して向かい合わせ。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村


ガーゼブラウスのうしろに貼って射す


表に刺した ので、裏にも刺しました。

月うさぎ

睫毛、エクステしてみた。


餅つき、ではなくて、霊薬作りに勤しんでいるそうです。

うさぎ (3)

なんにも使えなさそうな発色のナイロンたわしみたいな布が出てきたので、
くり抜いて月にしてみた。

良い月になった。
秋は名月を作りますなぁ~。



【図案参考図書】
つくって贈る お守り刺しゅう




にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村



ガーゼブラウスの表に刺す


ガーゼ地でチコに肌着を作った んでしたっけ。

チコ肌着 (11)


お月見ウサギを刺してみました。

うさぎ (4)

すっかり晩秋に暮れましたが、射してた頃は秋だったんだな。


ガーゼなもんで、凹凸があり柔らかい。
刺しにくかったです。
裏に接着芯など貼ればよかったのか?
ニット地用の伸びるやつ。

うさぎ (2)

けどまぁ、刺しきった。

暇をもてあます秋の夜長でもなかったら、やめてたな。



【図案参考図書】
つくって贈る お守り刺しゅう




にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村


続・チコパンに刺す


もう一枚パンツに刺しました。

彩雲


瑞雲に鶴・・・

瑞雲

のつもりでしたが、
翼の余韻が足らず、カモっぽい。
残念。。。



【図案参考図書】
つくって贈る お守り刺しゅう


裏表紙のイラストを写して刺しました。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村


チコパンに赤とんぼとキノコを刺す


和装肌着からチコにパンツ を作りましたっけ。

チコ肌着 (10)


さっぱり取りに来ないので、暇潰しで刺してみました。

きのこ


秋の風物をふたつ。

赤とんぼと、

赤とんぼ


毒キノコ。

毒キノコ



【図案参考図書】
和の刺しゅう




にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村


端切れ布に刺してみる


ウチには古布だけではなく昭和の時代に買ったままとっておある毛糸なんかもありました。
そんな毛糸類でいつか5本指靴下を編んでみたいものだと思っていましたが、
祖母の妹が「あたしヒマだから毛糸貰ってく」といって全回収していきました。

祖母の弟のお嫁さんで、退職後編み物の先生の資格を取った人がいます。
何の気なしに、マフラーを頼んだら、
「ドコソコに染料にも拘ったちゃんとした毛糸を売るお店があるから、週末に出かけて選んでくる」
思いがけずオオゴトになり、ババ臭さと紙一重のような渋く落ち着いた色合いのマフラーをいただきました。
何の気なしにスーパーにまいて出かけ、手作り主と出くわし
「あらー!!うわぁ~、してくれてるのねーありがとー!!」
あの時はホント、巻いてきてよかったって思ったなって思った。
その人に託してハマナカのモヘヤでなんぞ作ってもらおうと思っていたのになぁ。

祖母の妹が「アタシは名人がだからね」と全回収していった。
じゃぁ、祖母の妹にセーターでも編ませるかと思ったら
「昔の名人でしかない、頼んだって、野暮ったいのしか作れっこないよ」
祖母が不機嫌になった。
妹の優れた技術に嫉妬しているらしい。
それを孫がアテにするもので悔しいらしい。

人間、死後は生きたままの世界に移行するそうでうが、
祖母の逝き先はどうやらあんまり良い処じゃなさそうだと思いつつ
毛糸でヒマが潰れなきゃ、タンスの蓄えにもならないので刺しゅうでも始めることにしました。

そんなワケで、さっぱり増えないカテゴリー「編み物」を「刺しゅう・編み物」に変更。

金魚

ちくちくしては更新を稼いでいこうと思います。


和の刺しゅう




にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村


セーター解いて編み込みレッグウォーマー 【糸を渡して編むとカウチン編み】


輪針の編み込み編みでは、糸を渡して編みました。

縮れている解き毛糸はゆるみが強く、糸を渡す編み方には向かなかったと思う。
(※編み物本には、解いて縮れた毛糸はスチームアイロンで伸ばすよう推奨されています。)

輪針 (3)

引き加減の強さ緩さが表にも、裏にも影響する。
勘を養う必要アリ。

輪針 (2)


次に試した棒針編みは、
渡す糸を編み包むカウチン編み。
引いて編むくらいがちょうど良い、縮れ解き毛糸には向いていた。

棒針

裏面を編む時、絡ませ方を間違えるのか、
編みくるむ色が表に出ていたりする。
表だけ見て編める輪針編みに向いていたと思う。


棒針 (2)

カウチン編みの方が、肌触りが暖かい。
が、糸を渡す編み方をした輪針は糸の太さと編み針の号数が合わずゆるゆる。
カウチン編みをした棒針編みは、糸の太さと編み針の号数が合って密に編みあがっている。
その違いもあったと思うので、一概には比較できないな。


次編む時は、
糸の太さと編み針の号数を揃えた輪針でカウチン編み。ですね。

曾祖母の部屋に置かれた箪笥の上に、隠し戸棚のようなものを発見しました。
そこにハマナカ毛糸が大量に隠されていた。
昔の貴重品だった頃の毛糸だと思います。
あんなところに隠すって事がね、祖母との確執を感じるわー。
そんでまた、わたしが編み物をするようになって、出てきたと。
毛糸は編んで欲しいんだろうな。

昔の毛糸でも新品毛糸を使うなら、糸を渡して編む。でもいいと思う。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村


セーター解いて編み込みレッグウォーマー 【輪編み・棒針編み比較】


おっかさんが手編みのベストを地域別有料ゴミ袋に詰めていました。
穴開いてるもんね。

セーター

「まだ着られるよー」
あぁ、お父さんのでしたか。
「着られねぇっつーーーのッ!!」
容赦ねぇなぁ。

しかし、哀れだ。
靴下の練習編みくらい出来そうだな。
ゴミから拾って解いてみる。
コタツで暇している祖母が、すごく関わりたそうにしていたので、与えてみました。
簡単に毛糸玉にしてくれました。

セーター (3)

祖母の気分が乗ったようで、
天気が荒れて遊びにいけない日はコタツで解きものをしていました。
ゴミのようにある所有品から、「死ぬまでに絶対着ない物」をほんの数着選んで解いていました。
祖母は150歳くらいまで、生きる気なのかもしれない。


そんなこんなで集まった毛糸玉から4種類選んで、
柄編みでもしようと思います。

セーター (2)


『 北欧の編み込み小もの 』


『 北欧の編み込み小もの 2 』



シリーズ2冊から図案をとってレッグウォーマーを編みました。
輪針編み。

輪針

毛糸の太さと、輪針の太さが合わず、ゆるゆるです。
輪針編み自体は、表の柄を見ながら編めるので、楽。


毛糸と編み針の太さを揃えて、
棒針編み。

棒針

詰まって仕上がった。
やっぱり、毛糸の太さに対して推奨される号数の編み針を使ったほうが、いい。
表、裏、交互に編むので、
裏編時、柄の配置が分らなくなって編み直しが多かった。


接いでこうなる。

棒針 (3)

初心者の接ぎ目の拙さをさて置いても、
接がない方が、楽だなぁ。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村