プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

緑の別珍で黒いフリル付きブラウスを作る 【完成】


完成。


前、

別珍フリル完 (1)


後ろ。

別珍フリル完 (2)

生地が重そうですね。


見返しと、

別珍フリル完 (3)


袖のフリルが黒。

別珍フリル完 (4)b


吊るし状態のタック、前。

別珍フリル完 (5)a

タックを5cmほど縫ったので、裾口が思ったよりも狭まって着にくくなりました。
裾縫い代1cmを折り返してタックを押さえる程度にしていたほうが、
大雑把なたるみに別珍の光沢が集まって良かったのかもしれない。


タック、後ろ。

別珍フリル完 (5)b

やっぱりこっちを前タックにすれば良かったなぁ。


次ぎやるとしたら・・・
裾ゴム通しのバルーンだな。




にほんブログ村


緑の別珍で黒いフリル付きブラウスを作る 【仕上げる】


肉厚フリルも縫い付けて、
調子こいて折り込みすぎて肩幅が入るか怪しくなった裾タックもやり終えて、
あとは一回作った通りの流れ作業です。


肩線を縫い合わせて、

別珍フリル (4)


袖付けて、

別珍フリル (5)


脇を閉じて、

別珍フリル (6)


襟ぐり見返しを付けて、

終わり。


気張らない、疲れない。
やっぱり、シンプルパターンだったな。




にほんブログ村


緑の別珍で黒いフリル付きブラウスを作る 【裾をタックする】


緑別珍で作るフリルブラウスは、
 白シーツで作ったフリルブラウス の裾ををタックでたたんでみようと思います。


前身頃。
見返しは服地黒別珍。

別珍フリル (1)1


後ろ身頃。

別珍フリル (1)a1

身幅はそのまま、肩幅が通る程度の幅を残してタックします。
タックもタック記号もテキトーです。


たたんで、
前身頃。

別珍フリル (3)a


出来上がり、表。

別珍フリル (3)a1

1cm+ほんの気持ち分の縫い代を端ミシン処理して折り返しています。
タックの厚みに裾の折り返しが重なると、縫いにくいと思ったので、
サックリ処理です。


たたんで、
後ろ身頃。

別珍フリル (3)b


出来上がり、表。

別珍フリル (3)b1

V字タックを前身頃にすれば良かったなぁ。。。

と、思いながら作業は進めます。




にほんブログ村


緑の別珍で黒いフリル付きブラウスを作る 【袖を作る】


赤い別珍でパンツを作ったので、
緑の別珍で上着を作ろうと思います。
ワインが染みたようなレンガの鉢に茂る常緑樹。
まるっきり12月のアレですな。
良いのかな?

メールしてみた。

「うふふ、」
・・・・・OKかぁ。。。
じゃぁ、いっかぁ。


 白シーツで作ったフリルブラウス を作ろうと思います。

『 KANA’S STANDARD 』



緑の別珍は、
90cm幅が1,4m
37cm幅、0,96m

1,4mから前後身頃をとって、
細長い端切れから袖をとろうと思います。

別珍フリル (1)b1

袖丈も、端切れの使い切りに合わせて伸ばしておきます。


というワケで、長袖になりました。

別珍フリル (1)b


フリルは黒い服地別珍から。
袖丈の1,5倍で用意しました。

別珍フリル (1)d

 前回 は、フリルとバイアス裁ちしてペラく付けましたが、
今回の別珍をバイアス裁ちすると裁ち目からポロポロと粉のように生地がこぼれます。
友人は喘息とは違った気もするけど、肺が弱いとか何とか、、、
黒い粉塵を生むフリル。
好くないですねぇ。


だもんで、
本の通りにフリルを筒に縫って、表に返して、
粉を吐き出さないフリルを付けることにします。

別珍フリル (2)


置いて、

別珍フリル (2)a


縮めて、

別珍フリル (2)b

縫い付けます。

別珍の厚みと、ギャザーの厚みとギチギチしたけど、
デニム用針でゴツゴツ縫った。

フリルの長さは袖丈の1,3倍くらいにしておいた方がよかったかもしれない。




にほんブログ村


赤い別珍で丈足らずゴムウェストワイドパンツを作る 【完成】


スタンダール様式の2色使い別珍パンツ、
完成。

別珍パンツ完 (1)


フラップ付き。

別珍パンツ完 (2)


飾りじゃないところが、頑張ったところだな。

別珍パンツ完 (3)


ポケット口をボックスポケットの形で作ってしまった。

別珍パンツ完 (4)


もっと、細く、ささやかに、スラッシュポケットにすれば良かった。

別珍パンツ完 (5)

覚えていたら、いつかのまた今度に役立てよう。


とはいえ、
パンツポケットは、脇の接ぎを利用して付けるほうが簡単ですね。

別珍パンツ (27)a

ただ、今回のように身頃と裏地の間にフラップを挟んでは、
ポケット口のフタにならない。ただの飾り。
そればかりか、重さでポケット口をたわませ雨風吹き込ませ放題になってしまう。

そういうほうが、かえって好きだな。
ひとにしか作らないけどね。




にほんブログ村


赤い別珍で丈足らずゴムウェストワイドパンツを作る 【仕上げる】


あとはいつもの手順です。

筒に仕上げた身頃に片方の身頃を詰めて、
股ぐりを縫う。

別珍パンツ (4)b


腰ベルトを付けます。

別珍パンツ (4)c


別珍が重そうなので、3cm幅の硬いゴムを使います。
ベルトにゴム通し穴を開けてゴムを通すのに難儀しそうな太さなので、
ゴムを挟んで、

別珍パンツ (4)d


折り返して、

別珍パンツ (4)e


表側から落としミシン。

別珍パンツ (4)f

ゴムを伸ばして縫うので、ゴムの圧で生地が引っ張られて
ミシンの針が曲がるんじゃないかとゆっくり縫いました。


裾に見返しを付けて、

別珍パンツ (5)c


折り返しの端にだけミシンをかけようかと思いましたが、

別珍パンツ (5)b


裾キワにもステッチを入れて2重にしておきました。

別珍パンツ (5)a

これで終わりだと思ったら、気持ちに余裕ができたんでしょうね。

たぶんこれが、臨終時の安らぎに似た心持。




にほんブログ村


赤い別珍で丈足らずゴムウェストワイドパンツを作る 【フラップポケットを付けた】


フラップの閉じた状態を保つ為にステッチで留めておく。

別珍パンツ (3)ka

もう一枚のポケット中袋外側を付けてから、
フラップ、ポケット中袋内・外の3パーツをステッチ留めして固定する。
というやり方もあるらしい。


ポケット口から裏地が飛び出さないようにステッチをかける。

別珍パンツ (3)kb

フラップで隠れるから、あってもなくてもいいのかもしれない。


ポケット口を折り返すという役目を終えたスカートの裏だった裏地に、

別珍パンツ (3)j


布団用別珍布からとったもう一枚のポケット裏地を重ねて、

別珍パンツ (3)l


縫い合わせて、
端をジグザグミシン。

別珍パンツ (3)la


身頃にポケットが付きました。

別珍パンツ (4)a

あとはいつものパンツ作りの作業です。


大丈夫、今回はまだ燃え尽きていない。




にほんブログ村


赤い別珍で丈足らずゴムウェストワイドパンツを作る 【フラップ付きポケットを作る】


身頃裏のポケット口位置に接着芯を貼っておきます。

別珍パンツ (2)b


表の作業。
フラップを作って、
接着芯内に収まるように、しつけで留めておきます。

別珍パンツ (3)a


スカート裏地から切り出した裏地を被せて、

別珍パンツ (3)b


縫う。

別珍パンツ (3)c


裏に返して、
身頃のポケット位置に切り込みをいれる。

別珍パンツ (3)f


裏地も貫通して切ってもいいのだろうけど、
表に返して、裏地に切り込みをいれる。

別珍パンツ (3)g


裏地を裏側に招き込む。

別珍パンツ (3)h


ずずずずぅ~~~・・・と、
フラップが残る。

別珍パンツ (3)i


おぉ~、っぽいねぇ、ぽいねぇ、
フラップ付きポケットっぽいねぇ!!
イケんぢゃね?コレ。

この調子で、大惨事が起こらなければ、ポケットが付きます。




にほんブログ村


赤い別珍で丈足らずゴムウェストワイドパンツを作る 【ポケットパーツを追加する】


90cm幅35、60cmほどの洋服用黒別珍生地。
腰ベルトと、幅広の裾見返しに切り出して、もう残りもわずかです。

ゴミにする前にプラップ型に切り出して、置いてみました。

別珍パンツ (1)b

調子こいて、フラップポケットを付ける気になりました。


内袋はこんな感じかな?

別珍パンツ (2)


ポケットパーツ。

別珍パンツ (2)a

表に出るフラップは洋服用別珍。
中袋は、洋服用より薄い布団用別珍と、解体したスカート裏地で作ります。


この時点で、余計なコトを思いついた気がしなくもない。。。
まぁ、しくじったら、フラップ飾りでポケット穴を封印するから、
どうってことないね。




にほんブログ村


赤い別珍で丈足らずゴムウェストワイドパンツを作る 【切り出す】


赤い別珍から処分します。

別珍上下 (2)

90cm幅、1,5m。
二つ折りにして、75cm丈から腰、裾の折り返しも工面しなければなりません。
きっと半端丈パンツになりますね。


股ぐりを削るだけの横接ぎなしの楽パンツにしようと思いましたが、

別珍上下 (2)a


其れ、何度か作ったし、
いつもと違って、股上をぐーと掘り下げました。
いつもと同じより、違った方が新鮮な気持ちでやり遂げられそうな気がする。

別珍パンツ (1)

『 いちばんよくわかる 新きものリメイク術 』 に載っていた
前後同型のワイドパンツです。


これだけ股上を下げるとどんななんだろうと作ってみたかったのですが、
誰も穿かないだろうから作らなかった。

そうそう、友人はガウチョパンツが欲しいと言っていた。
ガウチョの私的解釈は、丈足らずのワイドパンツ。
定義は満たしている。(私的解釈)
ただ、股上を下げるとガウチョではなくなるかもしれない。
ただの変形ワイドパンツかもしれない。
そんな難しいことを言う友人じゃないから、「ガウチョっぽいモノ作った」と渡せば、
「なるほど、これがガウチョか、、、」と新機軸となることでしょう。
こうして世界は混乱してゆくのです。


腰ベルトと、裾の折り返しには黒別珍を消費して、
パンツ丈を確保します。

別珍パンツ (1)a

さて、作りますか。




にほんブログ村


3色別珍を使い切る


友人に白いシーツの試し縫い服 を作りました。
試着を待つ間、べつの布等をやっつけておこうと思います。


いろいろ作っても使い切れなかった3色別珍です。

別珍上下 (1)

1色では着分に足らない色もありますが、
合算すれば上下を揃えられそうです。


従妹に作った赤い別珍ボレロの残り、
別珍赤4

90cm幅、1,5m
結構余ってます。


友人に作った黒い別珍半袖 と
別珍黒A2


その後、おっかさんに作った黒別珍五分袖 の残り、
別珍黒B6

90cm幅、35cm、60cm
端切れサイズですね。

緑は、チコにワンピースでも作ろうかと思いましたが、
「チコになんか作んなくっていいよ!!」
デコさんから高声にて注意を受けました。
イザコザの種は蒔かずにおこうと手付かずで、
90cm幅、1,4m
37cm幅、0,96m


上記3色とは種類も質も違った布団用の別珍が、
122cm幅、2,5mありまして、リトルブラックドレス を作りました。
黒別珍完 (1)

縦横30~50cm幅くらい余りました。


黒・赤・緑。
大部分を占めるのは赤と緑。
クリスマスしか連想できない配色です。
上下を揃えるとそうとう浮かれた出来上がりになりそうです。

わたしが着るワケではないので、そんなコトはまったく気になりません。
精神を研ぎ澄ませてケータイを握ります。
いま、この瞬間、浮かれた気分に引っかかりそうな友人を釣り上げます。
「服作ったら着ますか?」
「わぁ、嬉しい!!」
受け取りの確認が出来たら後は一方通行です。
受け取り手の一身上の都合などを気にしていては古布は減りません。

というワケで、作ります。




にほんブログ村


既定パターン外サイズを白シーツで試し縫い 【完成】


白シーツで既定外サイズ試し縫い、完成。

白シーツフリル完 (1)


バイアスリボンの袖フリル。

白シーツフリル完 (2)

ペラくて良いですね。
洗濯のたびにほつれて味わいになるらしいですが、
そこまで友人が着てくれるかは分りませんなぁ。
試し縫いとはいえ、他人チのシーツだからね。


作り終えて。
フリーサイズ1パターンのためか、横幅が広々しています。
プリーツで身頃を絞ってもいいのじゃないかな。

白シーツフリル完 (3)

裾にゴムを通してバルーンにしてもよさそうです。

『 KANA’S STANDARD 』からフリルブラウスを作りましたが、
いじっても愉しいシンプルパターンでした。


好評だったようで、「その2」が出たそうです。
『 KANA'S STANDARD II 』 ではサイズ展開も7~13号と増えて横幅も抑えられているようです。


表紙のカシュクールワンピの青がいい発色です。

生地の品質が出来上がりの8割を決めるシンプルパターンって感じなんでしょうね。
我が家の箪笥の古布でこさえても野暮いかもしれませんなぁ。
そこはさておいて、他人に押し付けるのなら、続編のパターンも作ってみたいですね。
転用可能な白シーツがもう1枚あるし。




にほんブログ村


既定パターン外サイズを白シーツで試し縫い 【指示を無視して縫う】


あとはいつもの手順です。

肩を縫います。

白シーツフリル (2)a

本の指示は、
縫い代に端ミシン処理を施してのち肩線を縫い合わせ、
縫い代は開いて袖を付け、肩ぐり縫い代と袖縫い代は一緒に端ミシン。
とあります。
肩線から2枚一緒に端ミシンにしておきます。

メンドかったんだね。

いや、違います。
使っているミシン糸が昭和時代のしがない木綿糸です。
しつけ糸に代用できるくらい脆いです。
本の指示通りに肩を縫うと、3度目の洗濯でほつれた破け目から生肩が覗いてしまうでしょう。
ナチュラル系のわりに要所をおさえた硬い仕上がりなのに、生肩を出してはパンクロックです。
デザインの趣旨を守るために、端ミシンを一緒にかけることで補強しているんです。

メンドイとか、そんなコトではないんです。
パターンへの敬意なんです。


じゃ、袖付けますか。

白シーツフリル (5)b

先に留めた袖口数センチが後の仕上げを待っています。


脇線を、縫う。

白シーツフリル (5)c


袖口処理。

白シーツフリル (7)a

いつもとちがって、出発点はフリルの下から下。


折り返し縫いもフリルに隠れて分らない。

白シーツフリル (7)b

フリルを避けて縫うのにまつり縫いより楽だった。


見返しを付ける。

白シーツフリル (8)

薄地に厚地の接着芯を使いましたが、
白い胸元に張りが出て、よかったんじゃないかな。




にほんブログ村