プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

ネルのお寝巻を冬用パジャマにリメイク 【試着する】


というワケで、 ネル寝巻きからパジャマパンツ を作りました。
サイズ確認のため穿いてみます。


前。

ネル完(2)

柄が、捻じれてますねぇ。
思ったよりもスリムな感じです。


うしろ。

ネル完(2)a

ポケット位置が下すぎじゃないかと思いましたが、


ゴムパンなので、上着でゴムウェストを隠すと、

ネル完(2)c


ポケット位置がちょうど良くなるとわかりました。

ネル完(2d)

なかなか考えられている。


『 I Love Pants 』


今回はボーダーパンツを作りましたが、
モデルさん着用でものっすごいでっぷりに見えるツイードバギーパンツもほどほどのサイズ感なのかもしれない。
アホほどタンスから出てきたスーツを継ぎ接ぎして作ってみても良いかもしれない。

SサイズのおっかさんにMLサイズで作ってのでゆったりパジャマパンツになると思います。
おっかさーん、出来たよー。
「・・・・・。」
おっかさんが、めちゃ渋です。
「なに?この、擦れてガサガサしたダンボールみたいなネル」
作れって言われたネル寝巻きで作ったよ。
「ちっがーう!!これじゃなくて、ビニールの袋に入った、紫の、アレ、あったでしょ!!」
あったかなぁ~。
つーか、おっかさん、目敏いなぁ。
タンスの古着になんて興味なさそうにしていて詳しいなぁ。
じゃぁ、これも祖母に払い下げですかねぇ。
「・・・、作ったんなら、まぁいいよ。ひと冬これで我慢してやる」
だってさー。

難癖つけながらもみもみしてたら、やっぱりネルはあったかかったらしい。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村


ネルのお寝巻を冬用パジャマにリメイク 【完成】


布の地に対してチェック柄が斜めにプリントされていて、
限られた幅しかないお寝巻リメイクでは柄を揃えられないと思っていましたが、
割りと揃った。

ネル(4)a


前中心、後ろ中心はちょっと無理をして柄を合わせ、
股下に隠れる部分はあきらめる。

ネル(4)c


脇部分の柄のつながりを合わせ、
内股側はあきらめる。

ネル(4)d

これがムラコ・ブランドのチェック柄なら、どこを見ても必ず柄が合っている。
ボックスポケットに差し込んだ布まで柄が繋がっている。
そういう服って、どうってことなくても、高いんだよなぁ。
また生地が良いから、どうってことなくてもさまになって格好が良いんだよなぁ。


まぁ、ひとまず、
どうってことない生地が着古されて段落ちした生地で
どうってことないゴムパンツを完成させました。

ネル完(1)

柄が斜めに上ってますね。


うしろ。

ネル完(1)a


バイアス裁ちポケット。

ネル完(1)b


これはこれで、こんなもんだろう。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村


ネルのお寝巻を冬用パジャマにリメイク 【縫う】


縫いました。

ネル(1)d


ジグザグミシンを多用して、裾始末の為の端ミシンを省き、
アウトレット様式の楽仕上げです。


腰まわり、

ネル(1)e


一周一発ジグザグミシン。

ネル(2)


裾も同じく、

ネル(1)f


ジグザグミシンを1回1周させただけ。

ネル(2)a

端ミシンを省いた一発付けが、結構な時短になりました。
御裏地生地で試作する時、縫い代に端ミシンをかけずに縫いっぱなしにするのも早いですが、
省けるところをジグザグミシンで済ますのもまた手間無しでした。


ポケットもついでにジグザグ付け。

ネル(2)b

ジグザグの幅分針落ちの心配もなく楽でした。


あと、生地がとっても傷んでいたので、
穴が開きかけていた部分にパッチしておく。

ネル(3)

なんだかんだと3箇所ほど。
本体を縫うより手間だった。。。


そんなこんなでゴムを通して出来上がりぃ~。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村


ネルのお寝巻を冬用パジャマパンツにリメイク 【解く】


と、いうワケで、
着古した浴衣地寝巻きをパンツにリメイクする もおっかさんに気に入ってもらえず、
引き取り拒否をされたのが夏の頃合でした。

季節も進んで秋も深まると
「うずらさん、そろそろダブルガーゼか、ネルのパンツが必要になってきますね」
おっかさんに新たなパジャマパンツを要求されたので作ることにしました。


お寝巻きは使い切ったと思っていたところ、土蔵から出てきたもんで、
作って処分します。

お寝巻き5枚

ものによっては3枚重ねのガーゼ地お寝巻4枚と、ネルのお寝巻きが1枚。


ネルで作ることにします。
ネルのお寝巻きは背中を継いでいないので、パンツ型を切り出し易いんじゃないかと思いまして。

ネル(1)

ピンクにグレー、紺のグラデーションがお寝巻きの形に収まっているとなんともモダンさがありまして、
パンツに作り変えてもこの印象は持続するのだろうか興味も湧きまして、ネルで作ります。


衿と袖ををはずして、
型を当てやすいように肩位置で切り開きます。

ネル(1)a


前身頃には継ぎがあり、幅広になるのでパンツの後ろ身頃にあてます。

ネル(1)b

柄がズレていたので、接ぎ直します。
まぁ、こんなとこ頑張ったって、布目に対して柄が斜めにのっているのが当時の染色技術ですから、
全体的に柄を合わせるコトは出来ないと思いますけどね。
けどまぁ、コレをしておかないと夜、寝られなくなるので、合わせておきます。

以前、おっかさんにはネルのパジャマパンツ を作っています。
「ネルはやっぱりあったかい」と満足そうでしたが、
ワイドパンツ型で作ったので、裾布同士がくっついて足捌きを邪魔する。
裾は細いほうが良いと言われました。


いつも作っている細身パンツの型をあててもいいのですが、
新鮮味がないので新しい型を探します。

『 I Love Pants 』


着用写真がダブダブに見え、7号が11号くらいのゆったりサイズなんじゃないかと思い、あまり作る気が起きませんでしたが、
ファスナーなしのボタン式テーパードパンツを作ってみたら、ちゃんと7号相当のSサイズパンツが出来上がりました。
きっとモデルさんが相当細身なんだろうと思ったものの、まだまだ安心できないので、再度おっかさんに試し作りをしてみます。
使うのは、惜しくないネルだし。


ウェストゴムのボーダーパンツMLサイズを作ることにします。

ネル(1)c

ウェストベルト、裾カフス別付けでしたが、
どちらも縫い代に組み込んで1枚裁ちします。


おっかさんはSサイズですが、パジャマパンツなのでちょっとゆったりしていた方が良いだろうと思い、
あとはまぁ、わたしのサイズに合うかという確認の為ですな。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村


浴衣地をパンツにしてみよう 【完成】


完成。

浴衣地パンツ完 (1)

このパターンの特徴は、前身頃のウェストのカットがV字になっていて、
ゴムパンながら格好良い仕上がり。ってとこですね。
もうちょっと工夫して、一周ゴム通しをやめて、後ろのみゴムにすると
前身頃のV字カットが際立つを思います。


うしろ。

浴衣地パンツ完 (4)


前ポケット、

浴衣地パンツ完 (5)


うしろポケット。

浴衣地パンツ完 (6)


裾スリット、

浴衣地パンツ完 (2)


折り返し。

浴衣地パンツ完 (3)


おっかさん、出来たよー。
引き渡しました。
「・・・これ、寝巻きに繰り下がって着古したヤツじゃないか」
そうだよ。そのとおりだよ。
「わたしは新品の反物で作るように言ったじゃないか」
あの反物と同じ柄なら良いかと思って。
「こんなの、いらないっ!!」
放った!!
「こんな汚いのはおババが穿けばいいんだ!!」
祖母が素早く拾った!!
風呂上りに早速穿いて寝床へいった。

「うずらさん、次ぎは新品で作るんでしょうね!?」
同じ柄の色違いで、浴衣としてノリが効いているモノがありました。
それとは別の柄で浴衣がもう数枚あります。
新品の反物まではまだまだ辿り着きませんね。
再来年の夏くらいだな。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村


浴衣地をパンツにしてみよう 【切り出す】


幅が狭い着物地や浴衣地、解体お寝巻地でパンツを作るには、
細身のパンツ型が必要です。
ファスナー開きにすれば着物地でもヒップサイズに合った分の布を取るのは難しくはありません。
まぁ、メンドイので、ゴムパンで、スリムパンツの型を探します。

『 作りたいのはすっきり見える服 』 のスレンダーパンツはかなり細身のゴムパンです。


一周ゴムパンタイプ。
7~15号まで載ってます。
15号サイズでも、前身頃だけなら着物幅分に収まる。
後ろ身頃も裾部分の余った三角布を継げば取りきれると思います。


『  シンプル&ナチュラルなおしゃれ服 』 には、細身のテーパードパンツが載っています。


S~3L。
後ろ身頃のみゴム通しのため、前身頃は幅細め・後ろ身頃太め。
後ろ身頃のゴムギャザー分が、型の地で取ろうとすると、着物幅をはみ出す。
サイスが増すほどはみ出す。
縦地に置くことに拘らず、柄合わせは諦めた方が良い。
股上が浅めなので、ミセス世代は3~5cm足した方が良い。


『 大人のパンツとスカート 』 細身のサブリナパンツが載っています。


9~17号掲載。
パンツは一周ゴムだったり、後ろのみだったり。
パンツはゆったりめ。


今回は、『 作りたいのはすっきり見える服 』 のスレンダーパンツを作ろうと思います。


切り出します。

前身頃、

浴衣地パンツ (1)


後ろ身頃、

浴衣地パンツ (2)


外付けポケットを付けて、生地の擦れや傷みや黄ばみを隠そうと思います。

浴衣地パンツ (3)

本気で誤魔化そうと思うのなら、ポケット100個くらい必要ですけどね。
まぁ、気休めに、4つも付けておきます。


ポケット付いたら脇を先に閉じてから、

浴衣地パンツ (4)


股下を縫うのが、本の指示です。

浴衣地パンツ (5)


裾の折り返し布を余分にとってスリットを作っておきました。

浴衣地パンツ (6)

ウチのおっかさんはスリットが大好物ですからね。
こんなんで誤魔化されるかもしれない。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村