プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

ウールパンツを自分用にリメイクしてみたが・・・ 【選ぶ】


パソコンの調子が悪くてすっかり不定期更新です。
冬場はミシン部屋が寒くて寒くて、たいして作っていないので、
更新が滞っているくらいがちょうど良いこの頃です。

さてと、祖父のタンスから発掘したスラックス第一弾のなかで、
コレはいいと思ったウールパンツをちゃっかり自分の冬用パンツにリメイクです。

叔母パンツA (4)

コレは良かった。
ジジ臭さこの上ない写真うつりですが、
近づくとなかなか小洒落た配色のチェック柄なんです。
なにより、生地が薄くて柔らかくて軽くて暖かい。


だいぶダボついてます。

叔母パンツA (1)


後股ぐりはコレくらい削って、

叔母パンツA (2)

ゴムを通してどれくらい腰回りを縮めることが出来るか。
ってトコですね。




にほんブログ村


末叔母に2本目のリメイクパンツを作る 【とりあえず、穿いてみる】


と、いうワケで、
変な伸縮生地の紳士モノパンツを直しまして、

叔母パンツC (2)a


こうなりました。

叔母パンツC (6)c

脛の締め付けが、ストレッチでそこそこです。
試着した末叔母も、「なんだコレ、伸びるぞ!!」愉しんでた。
そして、末叔母が穿くとそこそこ長ズボン。
まぁ、ちょっと短い。
「ブーツ履くからいいよ」
気にしていないようだから、まぁ、いっか。


さてと、大叔母、末叔母で腕慣らししたので、
次ぎは温存しておいた良さげなウールパンツを自分用にリメイクするのさ。




にほんブログ村


末叔母に2本目のリメイクパンツを作る 【仕上げる】


裾を仕上げます。

叔母パンツC (5)b


うしろ身頃にゴムを通します。
とりあえず、 ① でゴムを留めておき、

叔母パンツC (5)c


穿いてみる。

叔母パンツC (6)a

弛んでますね。


ゴムをグイッと引いて、 ② で留める。

叔母パンツC (6)b


おしまい。




にほんブログ村


末叔母に2本目のリメイクパンツを作る 【切って縫う】


ファスナーが壊れていないか確かめて、

叔母パンツC (3)a


裏地がどんな具合に縫い付けられているかも確認しておく。

叔母パンツC (3)c

これはかなりしっかり縫い付けられています。
これくらいしっかりしていると、中にゴムを通しても安心です。


余分に感じる腰まわりは後身頃の股ぐりを削っておきます。

叔母パンツC (5)a


叔母丈に裾を調整。

叔母パンツC (4)a

ちょっと伸びる妙な生地なので、細めに仕上げてみます。




にほんブログ村


末叔母に2本目のリメイクパンツを作る 【物色】


出し惜しみしてもショウガナイので、
末叔母にはもう1本、祖父のスラックスを押し付けてみる。

細めのスッキリめを探すと、
素材が怪しげな、フェルトぽくってジャージっぽい生地を見つけました。

叔母パンツC (1)b


タックがないスッキリ面、

叔母パンツC (1)c


フラップ付きの後。

叔母パンツC (1)a


穿いてみると、
冬のトレーナーが納まるくらいのウェスト周りですが、

叔母パンツC (2)a


それほどダボついているワケでもない。

叔母パンツC (2)b

伸縮性のある怪しい素材なので、キツめに仕上げるとフィット感がいいかもしれない。
作ってみよー。




にほんブログ村