プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

絽の五紋付きを製図なしでやっつけチュニックにリメイク【下準備】


日差しに残暑の名残があっても、肌寒の初秋でだそうで、
祖母さんが「ボケ色にさめても絹は絹」と寝巻き代わりに絽のチュニックで就寝したそうです。
「すごくポカポカして、あったかかったぁ~」
その効果、感動モノだったようです。
「通気性も良いから汗もかかない。寝てから起きるまで、ずぅ~と、あったかかった」
推すねぇ。
欲しいんだな。
絽の五紋付きの残り生地で洗濯ローテーション用のもう1着を作って欲しいんだな。
「あとはどこを切り出しても、紋が付くよ」
「まったくかまいません」
格式に拘る年寄りの矜持を捨てたね。


と、いうワケで作ります。
ボケ焼け絽の五紋付き、チュニックにリメイク2着目。

まずは生地を確認。
こんな感じで、やっぱりボケ焼けて余ってます。

絽2チュニック1

もう1着くらい、紋を避けて作ることができますが、
袖2枚でノースリーブが1着できるので、袖は温存して身頃だけ使ってリメイクです。


さてと、前回の着物リメイクで右身頃からヨークを切り出しました。
その分、生地が使えません。

絽2チュニック3

左右等しく使える分量がだいたい25cm。
腰曲がりの祖母の前身頃分量は少なくて良しとしても、
折り返し分量+保険を付けて50cmくらい欲しいところです。


後ろ身頃を測ってみます。

絽2チュニック2

90cmあります。
腰曲がりの祖母は後ろ身頃が60cmもあれば十分腰が隠れます。
ので、30cmより多めに切り出して前身頃にまわします。


戻って前身頃。
ヨークの切り出しを避けて、えぐり気味の曲線にしてみます。

絽2チュニック4


後ろ裾、前裾、切り離しました。

絽2チュニック5


後ろ布を、前に持ってきます。

絽2チュニック6


衿の開きをVに折り返して、
裾のえぐりはそのまま使おうと思います。
胸切り替え下布は、全辺ギャザー。
上布は前中心から5cm離して、紋下15cmほどをギャザー。
テキトーが降りてきた数字です。

絽2チュニック7

じゃ、縫いますか。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村


コメント

非公開コメント