プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

着物リメイクに簡単フレンチスリーブを比較する


フレンチスリーブの肩から脇下への製図はせいぜい4種類。
直線に「く」の字。
曲線で「し」の字。
曲線極めて「S」字。
一直線「|」。


これは、「し」の字製図です。
製図して、型紙を作って縫いました。

絽・フレンチチュニック2


「|」製図。
袖口タック。
製図なし、ぶっつけで縫いました。

2絽チュニック14


餌をねだる鯉口のごとくガバ開きです。

フレンチスリーブ比較1


同じく「|」も、タックなし。
製図無し。
使った着物の袖2枚はハサミを入れることなく無傷です。

3絽チュニック5


結局、脇下の具合なんて、
よほどピチっと仕上げる昭和スタイルでもないかぎり
二の腕や服の皺ドレープに隠れちゃうし、
着ちゃえば・・・あんまし変わんない。

なら、楽な方がいいんじゃないかなぁ。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村


コメント

No title

紋入りの洋服!
なかなかいいですねえ。
自分が着るのではなかったら面白くっていいと思います。(スミマセン)

私、以前 黒紋付を剥いでピアノカバーを作ろうとしたのですが
布地が足らなくて頓挫してます。
いい思いつきだと思ったのですけれど…。
そんなことってありますよね(^_^)

>>薔薇ねこさん

上2着が、祖母のお寝巻。
下が、わたしの冬の防寒肌着です。
ま、人には見せらんねぇ。
紋付って、そんなもんです。

> 黒紋付を剥いでピアノカバーを作ろうとしたのですが
> 布地が足らなくて頓挫してます。

へぇ~、出来そうなのに、
よくある、あの、房付きの紅いカバーですよね。
けど、たまにある、屋根付きベッドの天蓋布みたいなカバーだとしたら・・・
着物1枚じゃぁ、無理かなぁ。

思い付きが実らない。
リメイクにはよくありますね。
「会心の出来!!」と思っても、不評とか、ね。
ふふふ。
非公開コメント