プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

着物リメイク 裾の始末に接着芯


着物は身幅が狭く、ミミ付き。
うまいコト始末をつければ楽に仕上げられます。

ですが、絹地は薄くても織りがミッチリしていて、薄いのに厚い感じです。
裾を折り返して縫うと角ばってピキピキしたり、
糸と針の選択を間違えると目とびしたり、
伸びるし、動くし、波打つし・・・やっぱり、綿よりメンドイです。


ミシンが走るところは芯を貼るといいですよ。

着物裾始末2

この絽の五紋付き、ツレ防止にミミが落とされていました。
そんな時のほつれ防止にも、芯を貼っておくといいです。


便利な洋裁道具として、テープ型の接着芯もありますが、
ウチは人力です。
一枚布の接着芯を、切ります。

着物裾始末1

畳の縁に合わせてひと筋目がだいたい1,5cm。


裾に貼る。
保険を強めるため、ジグザグミシンをかけておく。

着物裾始末3


折って、アイロンで折り目をつけて、縫う。
接着芯の幅に合わせるので、折り返しも、楽。

着物裾始末4


丸みをもって仕上がります。

着物裾始末5

縫い始める前のひと手間越えの下準備ですが、
縫っているときのストレスが、減ります。

あくまで、個人の感想ですけど。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村


コメント

非公開コメント