プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

稚児にダルマラインサロペットを作る【襟・ポケット、オプション追加】


切りました。

だるまサロペ2

製図に従えば、後ろ身頃の襟ぐりはもっとえぐるのですが、
考えが変わったので、触りません。


なぜかウチにある業者用バイアステープで脇を処理。

だるまサロペ3


従妹のぽっちゃりちゃんに作った ジャケットリメイクチュニック の切り離したテーラードカラーを付けてみる。

だるまサロペ4


従妹のチュニックになったムラコ・ブランドの絹混ジャケット。
従妹よりも、チコがリメイク先になるはずでした。

デコさんが入園の頃、リメイク品でよければセレモニー服でも作ってみようかと友人を呼びました。
黄色いシフォンのプリーツスカート、緑の編み上げスカート、白いレースのブラウス等々・・・
デコさんの前に広げて「コレはワンピースに」「こっちはボレロ、短い上着だね、」
表情の抑揚なんかを見ながら好みを探っていました。
その時に、絹混ジャケットを「コレこそがイチオシ、ムラコ・ブランドだゼ」とは言わずに広げて見せました。
デコさん、無言の無表情。
なんだか、残念だ。

しかし、アチラから熱い視線が飛んでくる。
当時、まだまだ四ツ足で這い回るのが精一杯のチコさんが、ダルマのように寸詰まって見つめている。
姉ちゃんとうずらさんが、何やら楽しげな催しをしている。
「保育園」「入園式」聞こえてくる言葉はまだまだ自分には縁遠く、仲間に加わる資格がないようだ。
チコさんは思慮深く遠慮をして、遠くから見ているだけでした。

そんなチコに絹混ジャケットを見せて、訊いてみた。
「キミ、もう少し大きくなったら、コレから作った服、着るかい?」
「はにゃっ!!」

 ズ ド ド ド ド ド ッ

四輪重機の勢いでチコが突進してくる。

チコの顔から出ているあらゆる汁がジャケットに付く。
ヨダレ鼻水が乳酸醗酵して、間もなく修復不可能な腐食穴が開くだろう。
そこまでの未来が簡単に見えたのですが、、、
面前でピタッと停まったチコさん、「もげー、もげー」とジャケットを見上げています。
なんて幸せそうな顔をしているんだ。
ムラコ・ブランドが分るのか?
違いが解るチコなのか?

けどウッカリ、従妹にリメイクした。
チコが将来約束を守る誠実な人間になるように、
わたしも約束を僅かながら果たしておこうと思います。


シミがある片袖も残っています。
シミを避けてポケットを切り出します。

だるまポケット1


前方にドラえもん型。
後方に2つ。

だるまポケット2

余り生地から作るもんで、柄がシンメトリーに入らなかったな。
ちゃんとしたのを作るとは約束していないからOKOK。


ポケットを作って縫い付けます。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ リメイクへ
にほんブログ村


コメント

非公開コメント