プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

着物リメイク 地味地に桜・胡蝶柄からラッパ袖チュニック【完成】


完成。

ラッパ袖チュニック前1

柄の配置が・・・オカシイなぁ。。。


後ろリボン。

ラッパ袖チュニック後1

後ろ想定のほうが、柄の配置が良いね。
前後なし製図だから、どっちを前にしてもいいと思う。

V字にあけるなら、着物地も中心二枚合わせの方が作りやすい。


1、3倍寄せの肩ギャザー。
まぁ、こんなもんか。

ラッパ袖チュニック肩

冬に作ったから長袖。
夏なら衿半身をギチギチに寄せてパフ袖にしてもいいと思う。


後ろリボンを前で遊ばせたり。

ラッパ袖チュニック前2


後ろ前で着たり。

ラッパ袖チュニック後2

従妹丈なので、ちょっと寸詰まり。
袖の方が、長くなってる。
袖を3cmくらい折り返せばいいよ、自力でな。と、言ってもやんないだろうなぁ。


なで肩さんには良いんだよね。
ドロップショルダー。
なで肩さんに着物リメイクする時の定番型にしておこう。

ただ、肩のラインが落ちきる前に肩骨が盛り上がるわたしには合わないな。
わたしの骨格に耐えうる着物リメイクもしておこう。
生地自体に張りがあった方がいいんだよね。
薄地なら麻、絹ならミッチリ織られたお召し。
大量に在るウールの着物と御裏地生地で研鑽を積もうじゃないか。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村


コメント

非公開コメント