プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

着物リメイク コートの袖からベストを仕立てる


新年明けてのミシン初めは、おっかさんに言いつけられてのズボンの裾上げ。
ショボい出だしでした。

未年ですね。
毛皮生物が多い十二支の中で、羊が一番洋裁に向いている気がします。
ウールだしね。


コート袖ベスト1

 ウールの和装コートをリメイクして作ったベスト の余り生地です。
袖が裏地ごと余っています。

なんか作ろうかなと思っていると、おっかさんが箪笥からムラコ・ブランドのロングスカートを出してきました。
ベストを作って欲しいそうです。
おっかさんはベストが大好きです。
おっかさんにとって カッコイイ服=ベスト なんです。


『 好きな布でつくる服 』におっかさんが大好物そうなベストが載っていました。



型紙を写してムラコのスカートに当ててみる。
生地面積に型紙は収まるのですが、妙な切り替えが邪魔をする。
前身頃をスカートで作って、後ろ身頃は余っているコートの袖を当てようかと思ったのですが、
コートの袖だけからベストを作ることが出来ると判明。

考えました。
スカート×袖生地でどちらからも半端に生地が余る。
袖だけからベストを作って余り無し。
スカートはスカートでなんとかする。

何事も、無駄がないほうが良い。

というワケで袖だけからベストを作ります。


パーツ。

コート袖ベスト2

裏地は背だけにしときます。


本の指示に従ってパーツを縫い合わせて、
肩の表布を縫い合わせたら、
縫っていない脇から表に返す。

コート袖ベスト3

裏地の肩と脇をまつり縫いして、終わり。


完成。

コート袖ベスト5

V字が深くてくびれてて、おっかさん好み。
冬の厚着の上に重ね着するので、前合わせにボタンは付けず羽織るだけ。
ボタンで留めると、ピタリとくびれてカッコイイラインです。


背だけ裏地。

コート袖ベスト4

楽だった。
裏付きコートからベストを切り出した時の裏地の処理の辻褄合わせより、楽だった。
ただ、縫う時間はコッチの方がかかる。
パーツが多いからね。


前作ロングベストと比べてみる。

コート袖ベスト6

いいねぇ、ベストはくびれてこそベストだね。


おっかさん、ベスト出来たよ!!
「・・・コレ、ムラコじゃない」
ほらほら、裏地はシルクですよ。
「ムラコは?」

・・・ムラコは、また今度な。
一年は長いから、そのうちね。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村


コメント

非公開コメント