プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

大人パジャマから子どもズボン


パジャマの上着を解体したものですね。
後ろ身頃がありません。
ボコボコしたサッカー生地です。
シンクの水垢なんかがよく落ちたんじゃないでしょうか。。。

パジャマ2a


大きなポケットがついています。
外して後ほどつかいましょう。

パジャマ2b


横生地の方が広いので、
ひろびろパンツを作ろうと思います。

パジャマ2b


縫いました。
前ポケットです。
小さい人たちのポケットには、溶けたチョコやアメゴミだけでなく、
夢と未来も入っているそうなので、ポケットは大きい方が良いはずだ。
小さい人用に作り直すのが面倒だったワケでは、ない。

パジャマ2c


両裾をタックで縮めてみます。
こっちは内股。

パジャマ2d

外側。
ついでにいらないボタンを処分しておく。

パジャマ2e


腰にゴムを通してできあがり。

パジャマ2f

腰部分には、3本のゴムを通せる余裕があります。
が、ゴムは下段に1本のみ。
ゴム3段仕立ての方が、出来栄えを立派にしたに違いない。

ただ、腰周りがフリルみたいにクシュクシュしててカワイイかなー、、、って。
けっして、面倒だったからではなく、可愛さを優先させた結果です。

いろいろ試せる、廃品リメイク!!



にほんブログ村 ハンドメイドブログ リメイクへ
にほんブログ村


コメント

No title

いつも楽しく読ませていただいております!

リメイクに興味があります。
と言っても、自分ではできないのですが、、、。
このパンツのボタンの選択が秀逸ですね。
よくぞ合うボタンを並べて、、、、。
世界で一つのお洋服になりましたね。
どれも面白い作品だな、と思っております。

私は断捨離の過程で、古いお洋服をどうしようか迷い、リメイク、リフォーム(プロに頼むのも含め)いろいろと考えましたが、一部プロにお願いしながら着ています。あとはリサイクルショップに持ち込んだり、お譲りしたり、部屋着にしたりして、、、なるべく無駄にしないようにしていくつもりです。

自分でお洋裁のできる人はいいですね。
それができない自分はどうするべきか、と考えて、せめて部屋着でなんとか見られる組み合わせで着る、という方法だったんですよ。(笑)部屋着で着倒すぞ、と。

物の命を慈しんでいらっしゃる姿、素敵ですよ!
これからも楽しみにしています。

>>さとさん、コメントありがとうございます。

針と糸と裁ちバサミがあるなら、リメイクしてみましょうよ。

本皮のロングコートとか、刺繍が盛り上がった内掛けなんかはプロに頼んだほうがいいと思いますが、
普段着の域を出ない物なら、趣味悠々ですよ。
切り端の始末や折り返しなんかに気を遣うこともないです。

長袖を半袖にしたり、半袖をえぐってノースリーブにしたり、
膝丈に詰めたジーパンの裾を気合一発アンティークレースで飾ったり、
裾にスワロフスキーで北斗七星縫い付けたり、
部屋着だからこそ、楽しいもんです。

ニット地は伸びるんでミシン縫いはしくじるものだと居直りさえすれば、
重かったワンピースをトレーナーに作り変えて、快適だったりします。

わたしが古着リメイクをするのは、箪笥の空間確保のためでもあるのですが、
まともに残った大正・戦前の絹地の着物を わ た し のカッコイイブラウスにする。
自分のための下積み練習なんです。
どーでもいい生地で練習して、チコども、親戚、友人に押し付けているんです。

ですがまだまだ、カッコイイ着物ブラウスを作れる気がしません。
なので今日も明日も古着を切って縫って練習です。

やってるうちに、何かにはなるもんです。

レッツ、トライ!!

No title

うずらさん、アドバイスありがとうございます。

ワンピースの裾上げ(これはアイロンテープで)、あとボタンを変える、ぐらいはしております。が、もともと、面倒なことができないので、、、、。とはいっても、多くの人が面倒に思うことは他にしていなくもない、ので、目指すものの違いなのか、と多少自己弁護に走ったり。。。(笑)

生活のことはとにかく、簡単に豊かさを味わえるコツが学びたい。
お料理も、とにかく簡単で楽な方法を少しずつ学び、自分で満足できるぐらいの日々の料理はできるようになりました。(味にはうるさいのですよ。)

お洋服も、自分の出来る範囲の簡単な何か、をたぶん、探しているんだと思います。だから、他の方々のリメイクを見るのが大好きなんではないか、と。ボタンの色、、、でここまで素敵になる、というのは、すごいアイディアですね。そういう、私にもできるかも、、、というところにすごく反応してしまうわけです。(^^)

うずらさんは、将来的な目標がありますね。だから、何着もこんなに出来るのではないか、と思いますよ。(^^) いつか、ご自身のオートクチュールが披露されるのを楽しみにしております!

>>さとさん、こんばんはッ

>>多くの人が面倒に思うことは他にしていなくもない、

コレ、わかりますね。
人によって、力の遣い処は違いますからねb

> お料理も、とにかく簡単で楽な方法を少しずつ学び、自分で満足できるぐらいの日々の料理はできるようになりました。(味にはうるさいのですよ。)

わたし、土井先生好きですよ。
土井善晴。
「土井家のおいしいもん」だったかな、写真なしの料理エッセーみたいな本で、
修行時代、先輩に「何色が好きです?」って土井青年が尋ね、
「鯛の桜色やな」って返されてその先輩を好きになったってくだりで土井先生を好きになりました。
土井先生の「名も無きおかずの砧」だったか、簡単お料理に加えてみてください。

>ボタンの色、、、でここまで素敵になる、というのは、すごいアイディアですね。そういう、私にもできるかも、、、というところにすごく反応してしまうわけです。(^^)

そこまで、この廃品ボタンがツボったとは・・・、
今度チコに会ったらよく言い聞かせておきます。

黒いショートコートのボタンをマカロン色の脚付きボタンに付け替えたりしていましたよ。
手芸屋で、ボタンの箱持って、5色くらい選んで1個ずつ取り分けを頼んだら
「1個ずつ??」で、どーすんの??って顔をされましたがね。
めげちゃいけませんよね^^

>いつか、ご自身のオートクチュールが披露されるのを楽しみにしております!

ずっと先ですね、
ずーーーっと。。。(遠い目・・・)
頑張りますわ。

No title

うずらさん

土井先生の本、買いましたよ!
これから少しずつつくってみます。
組み合わせの妙、というか、なるほど、と。
それなりの手間はかけるお料理もありますね。
揚げ物かあ、、、、、。

さて、レッグウォーマー、素敵な柄ですね。
色も見事に合っていて(^^)。
うずらさんは、「色」がお好きなんですね。
私も大好きで、コーデも色合わせが上手くいくと
すごく嬉しくなります。

ワンピの丈を詰めようと思っています。
接着剤のついたテープで。
それぐらいは自分でしないとね。
手持ちの物から、着倒したい。

世は断捨離が流行っていますが、
捨てずに、子供のスカートにすればいいですのにね。
難しい物はともかく、簡単なものなら簡単なはず。
と、ミシンすら無い私も思うのです。
うずらさんのオートクチュールを着ることができる
子供たちはなんて幸せなんでしょう!!
数着のお洋服が一度に増えるなんて、
小さい女の子で、すごく嬉しいはず☆

何か月かしたら、お料理の感想も書きますね。
生活の質を高めて行きたいので、頑張ります。


>>さとさん、こんばんはっ

>> 土井先生の本、買いましたよ!

買ったのぉ===っ!?

べーじゃが好きですよ。
関西圏特有なのか、甘濃くですが。
甘辛が甘ったるくなく仕上がった時は、料理上手ですよ。
出汁がしっかりとれていると、くどくない甘辛に仕上がるんだと睨みつつも、
顆粒ダシを使うので、砂糖の量を減らしています。


>> さて、レッグウォーマー、素敵な柄ですね。
>> 色も見事に合っていて(^^)。
>> うずらさんは、「色」がお好きなんですね。

北欧柄はいいですよね。
図柄をコレクションしたくなります。

毛糸は、本当に有り合わせで、たまたま上手くいったとしか言いようがありません。。。
古い毛糸同士で相性が良かった。みたいです。
ただのラッキー。


>> うずらさんのオートクチュールを着ることができる
>> 子供たちはなんて幸せなんでしょう!!
>> 数着のお洋服が一度に増えるなんて、
>> 小さい女の子で、すごく嬉しいはず☆

出来上がった時点で、すでに古着ですけどね(笑)
友人は大切に管理してくれているらしく、
「衣装ケース増やした」とか、聞いたり。
場所をとって大変だろうなぁ~。って、思います。


>> 何か月かしたら、お料理の感想も書きますね。
>> 生活の質を高めて行きたいので、頑張ります。

極め極めて辰巳芳子の「料理は祈り」の境地までいってみてください^^

非公開コメント