プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

双子と保護者にトリプル・ルックノースリーブチュニックを作った


店舗改装のため在庫のたたき売りをしていた手芸屋にて。
おっかさんが、「あ、この柄」気に入った布を見つけたようです。
「こういうのは面白い服になる」とやたら推すので、
なんか作ったら着るのかな。買ってくれたし、着るのかな。
と、思って家について「チュニックとブラウスどっちがいいの?」と訊いたところ
「そんなゴワついた綿の服なんていらない」
ですってよー。

なんなんでしょうね。
稼いだ金を使うときだけテンション上がるんだ、ウチの母ちゃん。
浪費が目的で、物に興味はないんだ。
すぐ捨てるし。

「そんなショーモナイ生地、双子にでも作ってやれ」
と、いうので、双子にノースリーブチュニックを作りました。

ノースリーブチュニック


『 フランス色の布で作るママと子どものおそろい服 』より。
ワンピースをチュニック丈にして。



後ろ開きでしたが、後ろ身頃を剥ぎ合わせるのがメンドかったので、
肩開きにしました。
どっちが面倒なのかは、、、個人の主観によるでしょうね。


生地は悠々3m。
大人用パターンも載っていたので、
双子の母親、親戚の姉ちゃんの分も作ってみました。

大人用チュニック

大人用もワンピース丈をチュニック丈に直しました。
後ろ身頃を接いだので、そのまま苦もなく後ろ開きにしましたが、
開きがなくても、被られました。
こういうとき、ひと手間無駄にした気が治まらなくなります。

さておき、
引き渡したらば、双子の姉ちゃんからはやっぱり「いらねぇ」と言われましてね。
そりゃぁ、そうだ。
仕事帰りにたまたま通りかかったセレクトショップのマネキンが着ていたコートを気に入って
20万で買って帰って、家で試着、小さかった。けど返品しない。コートもどっかいった。
って、人だからね。
ゴワついた綿の服なんて、着ませんよ。

けどね、双子の祖母の親戚の母ちゃんが気に入った様子で、歓声をあげ続けているんですよ。
「母ちゃん、良かったらどうぞ」
「え!!いいのッ!?」
どうぞそうぞ、3度も着てくれれば満足ですよ。

それから親戚の母ちゃん、ひと夏そのチュニックを着ていた。
お盆も過ぎた頃、どんだけ洗ったんだってくらい色あせたチュニックで出迎えてくれた。

近所周辺、親戚界隈一巡りして見せびらかして廻ったそうです。
「見せる度、皆が、うわーって驚いて」
うずらの技量を自慢してやったと得意げでしたが・・・

たぶん皆さん、
二の腕も露わに3歳児が着るようなチュニック姿の初老婦人に驚いていたんじゃないのかなぁ。。。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村


コメント

非公開コメント