プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

今回のリメイク12品中のベストコーディネート


 わたしが推す白シャツ にデコさんが興味を示さない。
こんな時は、まず母を射るのさ。
「このピンタックの繊細さは、自作じゃ気力が続かない。
ほら、このボタン貝ボタンなの。手のかけ方がワンランク違う。
デパートの若者向けテナントのブランド品だから」うんぬんかんぬん・・・
「へー」「ほー」お母さんが相槌打っていると、デコさんが寄ってきて試着するそうです。

着てみて、
やっぱ ダブルリボンシャツ が良いんだってよー。

ところで、デコさん、ボトムにデニムロングキュロットを選びました。
今回一番のお気に入りのようです。

「デニムキュロットは裾の広がり方が、良いね」
「うん」
「デニムキュロットにはピンタックシャツのほうが似合うと思うよ」
「・・・」そうは思わないらしい。
「ピンタックシャツの袖のタックと袖口の広がりが、デニム地の重さを緩和してボリューム負けもしていない。
これはとてもバランスが良い組み合わせだと思う」
「うん、デコもそう思う」
はい、洗脳完了。

ピンタックa


仕上げに、
チコが付けていたコサージュを奪って、
コーディネート完成。

ピンタックb

「お母さん、コレ着て帰りたい」
お母さんはちょっと迷っていました。
上にダウンを着せるとしても、白シャツはちょっと寒いだろう。
そして、ロングキュロットは雨上がりの地面を引きずる長さ。
迷ったんだろうなぁ。
「あー」とか「うー」とか言っていると、
「着て帰るからっ!!」決定事項として告げられていました。


利かん気なお年頃の幼女を軽く洗脳してやったとさ。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村


コメント

非公開コメント