プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

木綿反物ハギレからお野菜柄ショートジャケットを作る 【二枚袖】


縦地で二枚に分割した袖です。

野菜袖 (2)


深めに折り返します。

野菜袖 (2)


スリット開きにしようかと思いましたが、

野菜袖 (3)


スリットつけるには、接ぎ位置が端すぎるので、やめました。
デザインによっては、継ぎ位置も考慮が必要。

野菜袖 (4)

ウチのおっかさんに作るのなら、スリット開きにしたと思います。
おっかさんは折り返しとかスリット開きが大好物なんです。
お友達にはストンとした袖にそっけない袖口のほうがあっている気がします。

同じパターンを使っても作る相手が違えば、仕上がりも変わるものだと思います。
親戚の双子に作っても、出来上がりが違っていましたからね。

前後身頃の肩を縫い合わせて、見返しつけて、
袖つけて、脇を縫い閉じて、
袖口の返しを寝る前にまつり留める。。。

ちっこい小柄な友人にジャケットを作っているのですが、
祖母と母が、意識を集中させ始めています。

母は許容外の丈の短さに諦めたようですが、
「もう1枚ある反物ハギレは丈長のノースリーブに出来るんじゃないの?」
狙いは諦めていない。

祖母に訊いてみました。
「このジャケット欲しいかい?」
「うんっ」
素直だなぁ。
「あの、部屋の、ゴミのように溜まった服を10着処分したら、やろうじゃないか」
「っ!!」
履行不可能な無理難題を前に祖母は「ぐぬぬ~ぅ」悔しがっていました。

鵜の目鷹の目ですよ。
危ねぇ危ねぇ。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村


コメント

非公開コメント