プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

青い和装コートを春用ジャケットにリメイク 【完成】


完成。

青い春用ジャケット

接着芯の選択ミスで、
裾の見返しと重なる前見返しが妙にかさばっています。
絹用高級薄地芯を使わなかった、「やっぱりね」の結果であって、
特に後悔もないです。


ただ、改善するものだろうかと、
見返しをまつりつけた糸の引きを緩めてみました。

青い春用ジャケット (2)

うん、いくらか張りが薄らいだ。
シルク生地(化繊混)に見返しをまつり留めるときは、緩く付ける。
遊ばせると。
道楽着に相応しい手心を加えると、良い。
なるほど。


ポケット。
と、隠しポケット。

青い春用ジャケット (6)


ゆるっとゴムを入れた袖。

青い春用ジャケット (3)

タックでたたんで開き付きカフス留めが格好いいのですが、
前合わせの始末もしっかりしなくてはいけません。
スナップ留めで飾りボタンとか、ボタンホールとコート仕立てにするとか。
今回は、羽織るだけのゆるいジャケットなので、
袖口も、ゆるっと仕上げで十分です。


袖山は、
縫い代を袖側に倒すと、険しい山容。

青い春用ジャケット (5)


肩側に倒せば、稜線はゆるやか。

青い春用ジャケット (4)


個人の好みでアイロンをあてればよし。
今回は総体的にゆるっとでね、ゆるっと。


どこかにホックをひとつ付けようかと思いましたが、
それもやめました。

ただ、あけっぴろげで羽織るジャケットのインナーを作りたいと思いました。
紳士用Yシャツを3着くらい使って、
リメイクジャケットの青い光沢に合うような白シャツを1着、
作りたいなと。

それはまた、後日のお話でしょうけれど。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村


コメント

No title

うずらさん

もうできちゃったんですねぇ。すごい!
読ませていただくことで、お洋服の細部のこと、
今まで考えていなかったことがわかるようになります。
ありがとうございます。(^^)

うずらさんが、近くにいるお友達だったら、
お洋服を作っていただくんだけどなあ。
それに、手持ちのものをリメイクしていただいたり。

せめて、手持ちの洋服を大事に着ようと思います。
そして部屋着にして最後まで着倒そう、と。
着こなしで、なんとが気に入らないところを
誤魔化したりしてますよ♪

考えてみると、洋服は自分で作らないと増えない、
となったら、洋服の断捨離など、流行ることは
なかったでしょうねえ。
(断捨離もして、譲ったり、リサイクルショップに
持って行ったり、、、しました、私も。)

うずらさんは、この青いジャケットを
どんな風に着こなすのでしょうか?
是非それも教えてくださいね。(^^)




>>さとさん、こんばんはっ

シャツを1日、
切り替えが込み入ったジャケットで3日。
理想とする仕上げ日数です。
ま、この理想に腕が追いつく日は来ないと思います。


> うずらさんが、近くにいるお友達だったら、
> お洋服を作っていただくんだけどなあ。
> それに、手持ちのものをリメイクしていただいたり。

近くにいる友人等は、「リバティ5m」に怖気づいています。
まずはとにかく、
他人さまの箪笥に関わる前に、我が家の箪笥を空にしなければ、、、


断捨離本は、読んだことがないので、
タイトルから想像する以上の知識はないのですが、
どんなにあっても足りない年代は過ぎて、片付けていく時期が来るものだと思います。
消費物から愛着物へ、モノを選んで大切にしていきたいですよね。


> うずらさんは、この青いジャケットを
> どんな風に着こなすのでしょうか?
> 是非それも教えてくださいね。(^^)

水色にあせたストレートジーンズには合いませんでしたね。
藍が濃い、スリムタイプには似合うと思います。持ってないけど。
そんで、白シャツ。
けど、ジャケットの袖が肘丈なので、
肘先を素手にするか、シャツ袖を伸ばすか・・・悩めるところです。
長袖シャツに重ね着前提だったなら、ジャケットの袖口にゴムは要らなかった気がしてきます。
製作前の逆算が、甘かったな。

まぁ、しばらくは家で着て、
祖母の茶飲み仲間の気を惹いてみようと思います(笑)
非公開コメント