プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

Yシャツ3枚からピンタックブラウスを作る 【袖から作った半袖にピンタックする】


ここまでやることはなかったな。
そんな身頃のタック具合です。
調子に乗れるくらい、2本針ピンタックは楽でした。

白シャツ (12)

肩線を縫って、ほつれ防止に襟ぐりにヨークを被せておきました。


袖を付けるのですが、
袖は、袖から切り出しました。

白シャツ (5)

ドロップショルダー気味の肩ぐりに、袖山の低い袖を付けるのなら、
縦地使いで切り出せたと思いますが、
袖山の低いブラウスなんて、格好良くないんだッ。

そんなこんなで、Yシャツ袖の縦地に納まらない袖の型紙を横地でとりました。
袖の開きを少し解いて、ねじ込みました。
袖丈も、短縮。


短縮袖に、ピンタック。

白シャツ (5)a


袖を付けて、一気に脇を閉じれば、
ピンタック三等兵の平服です。

白シャツ (17)


いつかなるぞ、ピンタック中将!!



にほんブログ村 ハンドメイドブログ リメイクへ
にほんブログ村


コメント

No title

お見事な出来栄えですねぇ。プロの腕前です。流石!!

タックのあるデザインハ素敵だと思いながら、私も今回、茅木真知子さんの型紙で初めて試みましたが、大変でした(笑)
印付けは面倒なので最近はチャコピー使用し、出来上がり後、洗濯してチャコピーを消しています。また、ピンタックの場合は、チャコピーの印は生地の裏側になるので、折山となる表生地に2Bの鉛筆やチャコペンシルで線を引いたりしますので、生地は印だらけ(笑)

しかし、ウズラさん宅には「二本針」が使えるミシンがあるなんて、矢張り只者ではなさそうでですね。二本針タック良いですね。
又、昔からの「三桃印?だったかしら」の日清紡さんのことも良くご存知ですね。若い方なので意外でした。

近じか、リメイク洋服着用のウズラさんの画像アップを、楽しみにしております。

>>おばちゃんさん、

いやいや、
片身頃は蛇行が見られ、
もう片身頃は、基本線自体が斜めだったようで、斜め地に作ったタックが波打ってます。
ま、洗濯のシワに隠せば分らなくなるとは思いますけどねー。

ウチのミシンに「2本針」がついているのは、
ウチのおっかさんがミシンを買った時代が、一番ミシンが高く、
また、安い物を買うようなオンナじゃぁなかった。
そんなこんなで、家庭洋裁が当たり前だった頃の名残機能ですよ。

今のご時勢、只者じゃない家庭洋裁者は業務用直線縫いミシン・ロックミシン・あと何か・・・
の、3台くらい悠々持っているようじゃありませんか。
こちとら親の道具で時間を潰す趣味の洋裁にすぎませんや。

>>又、昔からの「三桃印?だったかしら」の日清紡さんのことも良くご存知ですね。若い方なので意外でした。

そうそう、ソレです。
タグに桃の刺繍がありましたよ。
片身頃は日清紡、もう片身頃は福助です。
いまリメイクしているのは祖父のYシャツです。
祖父がYシャツを着ていた頃は、日清紡が日本製のシャツを作っていたんですね。
ウチには古いのしか、ないんです。


>>近じか、リメイク洋服着用のウズラさんの画像アップを、楽しみにしております。

よぉし、部屋の掃除しなくっちゃ!!
非公開コメント