プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

半袖Yシャツ2枚からスリムシャツを作る 【製図】


いらないYシャツ群の中に白い麻シャツを見つけました。
もう一枚半袖シャツを見つけて、2枚から婦人半袖シャツを作ろうと思います。

スリムシャツ


同じような色をしていますが、
麻(漂白的白)|格子織り(うっっっすら水色)

スリムシャツ (2)

カメラの画素数が追いついていないだけです。


『 いちばんよくわかる 新きものリメイク術 』に、
大きな襟をタックしたプリンセスラインのブラウスが載っています。




S・M・L3サイズ掲載のもの、1サイズのみ、囲い製図に分かれていて、
わたしが作りたかったブラウスは1サイズのみのパターン。
・より自分のサイズに合わせるためにパターンを縮めたり、広げたりする必要があります。
・袖ぐりは十分にとってあるので、身頃幅の拡大・短縮で済ませられるようにはなっています。
と、いうような感じの説明が添えられていました。

プリンセスラインをフリーサイズで作る意味を感じないので、
縮めることにします。
どう縮めようか。
ラインをゴリゴリ削ろうか。

ちょうど手許にある、『 茅木真知子ホームクチュールセレクション  』に
胸ダーツと腰ダーツが入った厳しいラインの丸襟ワンピが載っています。




このパターンの胸ダーツと腰ダーツをつなげてプリンセスラインに変えて、
襟ぐりを着物リメイク本のパターンに掘り下げて、タックした大きな襟を付ける。


そういうコトにして、改造パターンを写しきりました。

スリムシャツ型紙

マッチーの丸襟ワンピの肩位置が、どうも肩位置を越えてつけられている。
小さい袖ぐりの運動量を高めるためだと思いますが・・・
わたしは、肩位置より先にある肩線の服を好きではない。
肩幅がある人ほど肩身を狭めた服を好むが、
より肩線を広げることでウェスト細く見せ、Vのラインを格好良く着る。
これは、肩幅を持つ人にしか出来ない着こなし。
うんぬん名洋裁家が述べているのを読んだことがありますが、
やっぱり、肩より先に肩線が飛び出ている服は、好きではない。
肩幅を1cm削って、その分袖山を1cm追加。
このやり方であっているのかは分りませんが、まぁ、万事がこんな調子です。


なのですが、
さすがに、大きな襟が半袖シャツ2枚からは切り出せません。
先にリメイクした3枚のYシャツの残骸を合わせれば切り出せますが、
半袖シャツ2枚からプリンセスラインシャツを作るのが目的ですから、
襟を変えます。

フリル風立て襟に、変更。

スリムシャツ (7)

では、切り出しにかかります。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ リメイクへ
にほんブログ村


コメント

非公開コメント