プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

リバーシブル巾着を御裏地布で試作する 【着物ハギレで表袋を作る】


巾着の型紙が、着物幅にいい長さでした。
御裏地布で作った巾着袋は2枚とも内袋にして、
着物をリメイクして余った生地で表袋を作ることにします。

表袋a


着物Aから作った表袋を御裏地布で作った内袋と同じ手順で袋にし、
入れ口を折り返して重ねて、一発ミシンをかけます。

表袋b


紐通し口は縫い残しておきます。

表袋b (2)


同じく着物Bで表袋を作って御裏地布の内袋と合わせるのですが、
せっかくのなので作り方を変えて、どっちが楽に出来るか比較してみようと思います。
えぇ、わりと、同じコトをしたくない飽き性なんです。

着物Bで作る表袋は、底マチの最後の直線縫いを縫い残して返し口にします。

表袋a (2)


表合わせにして、入れ口のギザギザを縫います。
紐通し口は縫い残しておきます。

表袋a (3)


縫い残した底マチを返し口にして、
底マチをマツリ閉じます。

表袋a (4)

この作業は、内袋でやるのが本当ですね。


作り方が違う入れ口の花びら部分を比較してみます。

表袋

着物Aはステッチで抑えてある分、布の厚みがでず、角も鋭利に仕上がっています。
着物Bも、表ステッチをかければ同じく仕上がると思いますが、
そうすると二度手間ですね。メンドイね。

着物Aの一発ステッチが楽だったかなぁ。
御裏地布は、扱いやすく縫いやすいので手間省き縫いに重宝します。
これでブドウシャーベット色の汁さえ出さなきゃいい綿生地なんだよなぁ~。
けど、絹のような伸びやすい薄地だと・・・着物Aの作り方はちょっと難かもしれませんね。
めんどくさい生地は、細かいトコほど手縫いが結局楽だったりしますからね。。。

あぁ、シルクネクタイで作る巾着を考える前に、
この試作巾着×2を作り終えておこうか。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ リメイクへ
にほんブログ村


コメント

非公開コメント