プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

秋コートの寿命を延ばす 【襟を取ってハイネックに】


おっかさんが秋の行楽旅行に着ていくコートが要ると言っています。
デパートのセールで買ったキルティングコートがあるじゃないですか。
綿入りは時期尚早で、肌寒い程度の秋の気候にほどよい厚みのコートが要りようなんですって。

これを勧めました。

コート

着ていっていいよ。
「緑か。。。変な緑」
緑は流行る次期のない色だから、珍しくっていいよ。
おっかさん、羽織ってみました。
「この襟がイヤだ」


大きくて、高さがあって邪魔なんだって。

コート (2)


と、いうコトで、取ることにしました。

コート (3)


襟台が付いていて、折り目どおりに縫い閉じるだけなのですが、
緑なんて流行らない色の糸がありません。
自分のこととなると労力も費用も出し惜しみのないおっかさんなので、
車を飛ばして手芸屋へ。
オカダヤとかユザワヤとか、糸だけでワンフロア使っているような大型店舗は地方にはないので、
肩幅分ほどの糸売り場で一番高い糸を買ってもらいました。


生地と同じ色か、少し濃い色がなかったので、
いっそのことのデコレーション糸です。

コート (4)


やってみたら、案外目立たず仕上がった。

コート (5)


おっかさーん、
ただのハイネックコートが出来たよー。

コート (6)

「襟がなくなって、縫い目も目立たなくて、良かった」
わたしは何やら高級気な糸を手に入れて満足です。
着古したコートもハイネックになった新鮮さでもうしばらく着てもらえる。
よかった、よかった。


コートリメイク、サックリ終了。

コート (7)




にほんブログ村


コメント

非公開コメント