プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

格子柄浴衣を丸襟ギャザーシャツにリメイク 【完成】


完成。

袖口ミミ仕立ては薄い生地をさらにペロく演出して、えぇですなぁ。
楽で、いい。

格子松完 (1)a

ずいぶん大きな襟です。


後ろは大きな襟の雰囲気が好いです。

格子松完 (1)c

ちょっと浅めのV字でショールカラーふうにしても良いと思うなぁ。


襟の分量は、ギャザーで調節出来ます。

格子松完 (2)a

ちょっと絞ると許容範囲が見つかります。


ギューッとやると、
立て襟ふうにもなるんだなぁ。

格子松完 (2)b


襟足が、寒くない。

格子松完 (2)c


いいなぁ、このシャツ。

自分にも作ろーっと。
ちゃんとした生地で、ちゃんと長袖で。




にほんブログ村


コメント

さすがですねぇ

流石にすごい!素敵な出来栄えです。前回の男物の浴衣のリメイクといい今回のも良いですねぇ。実は昨年、うずらさんの紹介で知った茅木さんの本を何冊か購入して、私も同じデザインで知り合いの若い方に、蓄積してあった綿麻生地の処分目的で(織り方ががちょいと素敵な生地のアイボリー)で縫ってみたのですが、仮縫いで着てもらうとどうも襟にボリュウムが出すぎて、結局襟だけをショールカラーにして仕上げてしまいました。
うずらさんのように応用力もなく、デザインそのままの型でないと作れない素人ですので、今回の作品を見せてもらって、さすがですねぇと感嘆詞です(笑)
過去に上質であった綿生地が程よくこなれて素肌に気持ちよさげですね。次回の着物リメイクも楽しみです。

>>おばちゃんさん、

甘いっ!!

なぜ仮縫い試着で「ちょっと近すぎぢゃね?」と思わせるくらいの眼前に立ち
頸を〆・・・、いや、紐を絞って「・・・あ、うん、ちょうど良い!」と自主的に言わせなくちゃダメじゃないですか!!
そんなんじゃ、布を減らせませんよ!!

今回のリメイクも含めて友人に5着送りつけてやりましたよ。
したらば翌日、親戚の母ちゃんが服5枚置いていったんですよ。
なんでだぁーーー!!

・・・・・、
・・・あぁ、どうも。
個人的過ぎることで取り乱してしまいました。

マッチーはえぇですわねぇ。
「わたしのスタンダード」だったかな、
マチ付きの着物スリーブのジャケットとか、
最古領域にはいる「ホームクチュールのすすめ」の格子ツイードのジャケットなんかはどんなに型が古くても作ってみたくなりますからね。
今春に出るであろう新作に昭和臭いパターンが1つでも多くねじ込まれていることを期待するばかりです。

おばちゃんさん、今年も古布減らしましょうね!!

No title

ウズラさんのようにベテランさんであれば強気で行けますが、ど素人のおばちゃんは弱気でございます(笑)。綿麻の良い生地でしたがかなり生地を無駄にしてしまいましたが、処理した処理できたと自分に言い聞かせています。
ウズラさんのコーナーを見るたびにあぁぁ、この生地をウズラさんの才覚で型にして欲しいなあと思うことしばしばです。近くに住んでおられたら絶対押しかけるわ~ですね。
次回は遠慮ないクラスメートに縫ってみて押し付けてみますよ(笑)
しかし、皆、古希が近いシニア体型ですから茅木さんのパターンがね(笑)茅木さんのパターンはお若い方体形用みたいでしたが、ひょっとしていけるかもと、おばちゃんは13号でリバティ生地で縫ったチュニック(面倒なので仮縫い無しで)はちょっと自分なりに窮屈な感じがしました。次回は修正してみます。
ウズラさんは、今度は着物リメイク(シルク)でチュニックですね。出来上がったら真似させてもらいますからよろしくお願いします。
だんだんと年を重ねると億劫になりまして、着物を解いた物をみながらパジャマにして友人にお土産用にとか白地の綸子は終活用の自分のパジャマにしてみるかなとかね…(笑)
ネット通販生地見ながら構想もないのに買ってみたいと衝動に駆られたら在庫の生地を思い浮かべてダメダメと現実の世界へ引き戻しております。
次回の作品そして解説文面・・・この解説が面白い!素人おばちゃんは理解できない部分もあるけど何時も読んで楽しんでいます。有難う!!

>>おばちゃんさん、

どうします?実は隣駅に住んでたら?

マッチーパターンはキッツイですよ。キツキツ。
「気をつけ!!」以外の姿勢を考慮していないと思いますね。
袖ぐりを開くと良いですよ。
1サイズ上げるより袖ぐりを1cm開いたほうが楽だと思います。
猫背の場合は後ろ袖ぐりを高い位置で多めに開く。
「いちばんよくわかる 新・きものリメイク術」(日本ヴォーグ社)のサイズ調整が分りやすいと思います。
載ってる作品も、ゆったりめです。
過去に出版した好評デザインを集めているそうで「あ、いいかも」があると思います。
この本に載っている既製品の白シャツがカッコイイのでいつか作りたいと思っています。

今回のリメイクはラグランスリーブですけど、ラグランスリーブの袖ぐりを開いた事はないなぁ。
襟ぐり位置にギャザーを寄せると肩の可動が楽になるとは思いますが。

お歳をめすと、ドルマンスリーブの方が楽みたいですよ。
それも、腰位置まで袖ぐりが下がっているような。

白地の綸子なんて、字面だけで素敵ですね。
一発気合をいれたブラウスにすればいいのに。
いつかテレビで見たイタリア・マダムのフレアーフリルの胸元がすごいブラウス。
(他人事だといくらでも無責任になれまネ)

わたしも「親戚の遺品整理、着物詰め箱20枚」なんて出品をヤフオクで見るとついついクリックしちゃいそうになりますからね。
なんなんでしょうね。呪いですかね。
箪笥の古布が他人の古布を呼ぶ呪詛。
恐ろしすぎる。。。

それと質問ですが、
返信も太文字にした方が読みやすいでしょうか?

No title

 えぇ、隣駅であれば当然お邪魔するでしょうね。
あるいは着物を解いた分とか、端切れなど宅急便で「使ってください!」と送り付けるかもしれません。

茅木さんのパターンの特徴を教えてくださってありがとうございました。
袖を開くということは、”何気にあぁこうするのかな”と頭で描いてみましたが、今度型紙を写す時に試みてみますね。猫背は今のところ大丈夫ですが老化とともに考慮する必要性があるのでしょうね。
やはり、うずらさんは専門的な知識があるから、色々な方の型紙を見てもその型紙から特徴を読み取ることができるのですね。
ど素人のおばちゃんは最近になって、
洋裁をするには縫う方法や材料だけでなく、パターンが大切なんだということが、この年齢になって解りかけてきた次第です(笑)

袖の開き方や、ウズラさんが気に入っている白の既成品ブラウスも(ウズラさんは人にばかり作っているので、うずらさんのお好みを覗いてみたい、しかし以前には華奢な細腕におみ足を見せていただいておりますけど笑)についてはご紹介の本を参考にしてみたいと思いました。

腰位置まで開いた袖のドルマンスリーブは......いただけませんね。苦手。あんなにひらひらしていては、日常生活がままならない(笑い)脇の下が寒そうだし。

生地を折りたたんだラグランスリーブ...おばちゃんは想像できないのでどんなものができるのか楽しみにしてます。

追伸 文字は太文字でなくても大丈夫です。どうも習慣がありついフォント欄があるとやってしまう、悪い癖(これってTV『相棒』右京さんのせりふかな)。

>>おばちゃんさん、

>> やはり、うずらさんは専門的な知識があるから、色々な方の型紙を見てもその型紙から特徴を読み取ることができるのですね。

いえいえ、独学の思い込みなので与太程度にお聞き流しください。


>> 洋裁をするには縫う方法や材料だけでなく、パターンが大切なんだということが、この年齢になって解りかけてきた次第です(笑)

デカ過ぎず、キツ過ぎず、身体に沿ったパターン選びは大切みたいですね。
とはいえ、やっぱり布、素材は疎かに出来ませんね。
ふるーいマッチーの本で、「すっげーカッコイイ、こんなトレンチコート作れちゃうのっ!?」って思ったら、バーバーリーの生地でしたから。。。
生地が良質なら、縫製上の多少の歪みやパターンの甘さは覆い消してくれる。
ムラコ・ブランドなんかをリメイクしながらこの点は間違いなく確信しています。


> ウズラさんが気に入っている白の既成品ブラウス

「新・きものリメイク術」の白ブラウスはどれも素敵です。
撮影協力等の紹介が載っていないのでスタイリストさんの私物かもしれない。
「8・黒留袖で作ったベスト」のボタンいっぱいブラウス。袖開きもボタンだらけ。
「33・雨コートで作った重ね着のワンピース」のギャザーの寄せ方と袖口をゴムギャザーしてる感じ、
「35・お召しの羽織で作った立衿ハーフコート」は襟ぐりに沿った立襟とピンタックの按配、
「17~20」のスカート一覧はどれも意匠的ですが、
なかでも「19」ラグランスリーブの襟ぐりをギャザーでなくてタックでたたんでいるんです。
これ、作ってみたいですね。
ただぁ~、わたしのいかり肩には、マッチョ感がプラスされるマイナスデザインだろうけ・ど・ね。


>> 腰位置まで開いた袖のドルマンスリーブは......いただけませんね。苦手。あんなにひらひらしていては、日常生活がままならない(笑い)脇の下が寒そうだし。

ウチの近所では数体のムササビが確認されていますが、、、そうですか。。。


>> 追伸 文字は太文字でなくても大丈夫です。どうも習慣がありついフォント欄があるとやってしまう、悪い癖(これってTV『相棒』右京さんのせりふかな)。

そうでしたか。
動く絵文字なんかも挿入できるようですから使っちゃってください。
今週は久々に輿水脚本で『相棒』っぽいイヤラシぃ作りでしたネ。
非公開コメント