プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

ネルのお寝巻をリメイクしたジャケット 【末叔母が着る】


新品のネルのお寝巻をリメイクしたショートコート を手に入れたおっかさんは
「コレ、いらねぇなぁ」と 先に作った着古しネルのリメイクジャケット を猫つまみして眺めていました。
「・・・あ、そうしよ」
処遇が決まったようで、部屋の隅に投げてた。

週末に叔母が来ました。
母三姉妹の末の叔母。
高校時代に長姉のおっかさんが毎日毎日お弁当を作ってくれたと有難がっている。
お弁当に毎日毎日ベーコンがはいっていたことを
「姉ちゃんよっぽどベーコンが好きなんだなぁ。
好きなモノを惜し気もなく分け与えてくれる姉ちゃん、ありがたいなぁ」
と、思っていたようです。
毎日同じモノ詰めるなんて、手抜きのやっつけ仕事だろ。と、思ったのですが、黙ってた。
「今でも姉ちゃん、ベーコン好きなの?」と訊かれたので、
「大好きだよ」と応じて末叔母を満足させてやった中学時代を思い出します。


茶を淹れて居間に戻ると、
さっそく末叔母が不要のネルジャケットを着せられています。

ネルジャケット実着

ハイネックにセーターを重ね着して、第一ボタン閉めの小さい襟では苦しそうです。


第二ボタンで、だいぶ楽。

ネルジャケット実着2


機嫌よくポーズをとる末叔母に、

ネルジャケット実着3

「変なほうのネルを貰ったんだね」ついつい教えてあげた。
「えー、姉ちゃん、こっちが良いネルだって言ってたよー」
確かに、生地自体は末叔母に払い下げられたネルのほうが良い生地です。
しかし、押入れ焼けした変色が臭うようです。
腐っても鯛といっても、やっぱり腐ればアジに劣るでしょうよ。
すかさずおっかさんが「わたしのネルも見せてやる」と 新品ネルで作ったショートコート を羽織ります。
「どうだ!!」
「姉ちゃんに似合うよ」
「そうだろう!!」

姉を立てる末の叔母。
最後までジャケットの襟を立てるコトはなかった。




にほんブログ村


コメント

No title

ウズラさんのお母さんが三姉妹を知り親近感を抱きました。私も三姉妹の真ん中。真ん中は色々と言われますが、三姉妹結構楽しめます。

末叔母さんが≪最後までジャケットの襟を立てるコトはなかった≫ 
面白いウズラさんのコメント!
ウズラさんが「衿立てると良いよ」なんてアドバイスをしたのか、あるいはしないまま、面白く観察していたのか、其処が面白いね。
しかし、もし私が末叔母さんのようにスリムな体型で着用させてもらって、衿を立てたら顎のえらが触って、ジャケットの右襟にはファンデーションで汚れただろうなあて想像しながら楽しんで読ませてもらいました。

それから、末叔母さんのデザインが出ている本を図書館で借りてきて見ました。ウズラさんが言ってるようにモデルさんが着ている大柄の花模様の素敵なワンピースですね。型紙を写そうと思い広げてみた時、何種類もの型紙のラインが交錯し多すぎて写すのを諦めました(笑)。ウズラさんのように若ければ持久力や忍耐力で取り掛かれそうだけど。まあいづれチャレンジできるかなと思い、少し諦めきれないおばちゃんは、ワンピースと作り方をコピーして保存しておきましたけど。

着用画像があると面白いですね。
また、待っていますからよろしく。



>>おばちゃんさん、こんばんは。

三姉妹。
次女の叔母ならば、毎日のお弁当にベーコンを詰められたら買い食いしたと思います。
そうと知っても長女のおっかさんは咎めず、そんな金があったか。とニンマリすると思う。

襟を立てさせようとするおっかさんと、インナーのハイネックで嵩張ってるからとまごついてみせる末叔母との攻防を黙ってみてました。

襟のファンデ落ち、気になりますねぇ。
襟ぐりを広げて、襟付け位置を遠ざけるといいのでしょうか。
舞妓はんや姐さんのように、「抜く」ってやつですか。
けどそれをするとデザイン自体が変わってきますね。
首から遠い立て襟。
面白いかもしれない。

それか、ショール風カラー・イン・ショールにしたどうですか?

着画・・・みんな、なかなか送ってきてくれないんですよねー。
そこいくとお友達のママちゃんはすごかったなー。
チュニックワンピを作ったら、後日、写真が届きました。
斜めに構えて、顎を引いている。キメてます。
しかも、すぐにお返事できなかったのは美容院の予約があったから。って。。。
たしかに、おぐしはやけに整っていた。
「ウチの母がとんだことを、、、」とお友達は詫びていたけど、
わたしの洋裁のアルバムにロンパース姿のチコと一緒に納まっています。

ママちゃんに作れば写真が届くので、また作ろっかな。
赤いショートパンツとか。
非公開コメント