プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

赤い布3kg処分 ロングテイルブラウスを作る 【剣先開きを作る】


袖口を作ります。


袖口開きをバイアス縁取り布で包む。

ロングテイル (4)a

片側に剣先パーツが付きます。


袖口開きなんかは、切込みをバイアス布で包んで、

ロングテイル (4)a1


細い袖口布にループとボタンを付けて終わりでも良いと思いますが、

ロングテイル (4)a2

剣先開きを作ったことがないので作ってみることにします。


このパーツを、

ロングテイル (2)b


出来上がりにたたむ。

ロングテイル (2)a

・・・なんか、おかしい。
新しく使っている接着芯がねー、硬いんですよ。
厚みが加わったよな弾力で跳ね返されてしまう。


赤い端切れからもう一回、剣先パーツを切り出します。

ロングテイル (2)c

縫い代部分は接着芯を省略します。


・・・と、
おぉ~、尖ったねぇ。

ロングテイル (2)d

こういうふうに使えばいい接着芯なんだな。


剣先パーツを出来上がりにたたんで形を作るのですが、
袖裏側の縫い代で、

ロングテイル (4)b


包むようにすると、

ロングテイル (4)c


表側よりも、裏側の縫い代に幅ができて、

ロングテイル (4)d


表からの一発ステッチでも、裏側もしっかりミシンが落ちる。らしい。

ロングテイル (4)e

別付けウェスト布を落としミシンする時もそうすりゃいいのか。
けどあの時はやっぱり、5mmぐらい裏側を長く取るもんなぁ。
折り重ねて稼いだ程度の幅じゃあ安心できないな。


と、
剣先が付きました。

ロングテイル (4)f


裏側。

ロングテイル (4)g

Yシャツ解体で見慣れた剣先開きでした。
こうやって作るのか。

じゃあこれやっぱり、ロングテイルシャツなのか。。。




にほんブログ村


コメント

非公開コメント