プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

おつかいバッグ


祖母の茶のみ仲間の一人を「ヤノヤノ」と呼んでいます。

田舎なもので、おババ達は出歩き時に手ぬぐいなんかを被ります。
たいていのおババは顎の下に結び目をつくるのですが、
ヤノヤノは耳の下の方で結ぶのです。
ヤノヤノは、ちょっとお洒落なのです。

昔7号、今は17号。
何があったのか、病気の副作用らしいですが、
母曰く、「同じ病気の人を何人か知っているけれども、誰一人として肥大化はしていない。」

いいじゃないか、ヤノヤノが大きくたって。

ヤノヤノは膝が悪くて曲がらない。
玄関の戸に辿り着くためのほんの2,3段の登りで息が切れてしまう。
その呼吸の激しさに呼び鈴を押される前にヤノヤノの到来が知れてしまう。

動かなくなると動けなくなると頑張って散歩を日課にしているヤノヤノ。
たまにウチにお茶を飲みに来ます。
そのたまの日にわたしは菓子など焼いていることが多い。
ヤノヤノとは引き合うものがあるらしい。

ヤノヤノは団子・大福・餅が大好き。家でのおやつはもっぱらコレ。
ウチに遊びに来たときに、小麦粉と乳脂肪で出来た焼き菓子など出すと
「珍しいもの食べさせてもらえる」と喜んでいる。いつもニコニコ食べてゆく。
しかし、材料に純正生クリームやアーモンドパウダーを混ぜ込むと
「今日は特に美味しい」などと言ったりする。
違いの判るヤノヤノなのです。

ヤノヤノを一言で言いますと、
祖母の仲間の中で随分好きなおババなんですなぁ。

祖母がヤノヤノのウチに遊びに行くとき、たまに焼き菓子を持たせます。
そんな時のおつかいバッグをネクタイリメイクで作ってみました。
着物時ネクタイを使ってみました。
どれが何織りだったかウソっぽくて忘れてしまいましたが、、、

bag3a.jpg


このバッグを使うには、まず、菓子を焼きます。

菓子1

ヤノヤノとはだいたいいつもはんぶんこ。

菓子2

これを祖母が四輪コロコロに乗せて持ってゆきます。

bag3b.jpg

祖母がヤノヤノに、ヤノヤノに焼き菓子を焼いて届ける時だけ使うバッグだと伝えるとニコニコしていたそうですよ。
ヤノヤノを喜ばせることが出来て、満足だ。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ リメイクへ
にほんブログ村


コメント

非公開コメント