プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

羽二重でパジャマパンツを作る 【縫う】


ある日、友人が遊びに来て言った。
「シルクのパジャマってそんなに良いものなんだろうか?」
シルクのパジャマの効能が気になるようなことがあったのか訊いてみた。
「最近、肌が痒くて、、、」
と、皮膚病の一種のような症例を口にしたが、興味なかったので忘れた。
しかし、古布を処分したい私の中には閃くものがあった。

羽二重で肌着っぽいようなパジャマっぽいようなを作ってみようか?
昭和前時代からの羽二重は、だいたい絹で出来ている天然素材の薄布だ。
混じりモノでも麻か人絹(レーヨン)程度の完全天然素材だよ。

もったいぶった言い方で友人が喜んでしまった。
忘れずに、とても脆い布だと忠告しておいた。
それでもまぁ、3度の洗濯に耐えられたら、シルクの肌ざわりが肌に好いかどうかくらい解るんでないの?

と、いうことで、古い羽二重でパジャマパンツを作って友人に押し付けることにした。


これな羽二重をつかいます。

羽二重 (1)

縦横絹の100%もあれば、縦糸に人絹が混ざっているものもある。
布の厚みも、染めもまちまち。
ま、いっかと作り始める。


一枚布にする。

羽二重 (2)


ミミで3枚継いで、

羽二重 (2)a


横に1枚布を補強。
股ぐりの力が入りそうなところにも、布を補強。

羽二重 (2)b


前後パターンで切り出す。

羽二重 (3)

もう一回同じコトをして、縫い合わせます。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村


コメント

非公開コメント