プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

和装肌着を寝巻きにリメイク


タンスの着物探索で一緒に出てくる昭和の和装肌着。

P1010096.jpg

浴衣寝巻きには良いのかもしれませんが、
イマドキノ洋装では前がはだけてしまりがない。
わざわざ腰紐結ぶのもなー・・・


だったので、縫い留めました。

P1010096a.jpg

やっぱ、さらしは気持ち良いやね。


気をよくして、雑巾にしかならないだろうと思われていた
昭和の伸びる綿肌着も使いまわす。

P1010098.jpg


脇を縫い留めて、カシュクール仕立て。
前が垂れてはだけるようなら、頭の通りを確認して胸元も縫い留める。

P1010098a.jpg


今どきないしっかりした厚地です。
妥協をしない義務教育下のジャージの丈夫さに通じる手厚さ。
昭和はしっかりしてたよなー。
昨今、廉価品大量生産で障子紙みたいな生地が多いもんなー。
1年で廃品物にはそれでそれなりの良さがありますけどね。
30年品質保証のジャージとか、捨てられねぇもんなぁ。




にほんブログ村


コメント

うずらさんのおかげです。

いつも拝見しています。
うずらさんの毎回のリメイクアイデアに、感心しています。
そして、いつも温かい気分になります。柔らかくなった和装生地を
利用したチコさんデコさんの肌着が、とても気に入りました。
それを喜んでくれるお友達も優しい方ですね。
 しばらく気分が塞いで何もしたくなかったのですが、うずらさんの
記事で元気がでました。私も真似したくなりました。
 昭和の洋服は日本製がたくさんありました。
確かに、既製服でも今よりは縫製もしっかりしていましたね。
デパートで買ってきた洋服が某国製だったと知って、憤慨していた父
を思い出しました。デパートや日本製に信頼を置いている世代
でしたね。
次の作品も楽しみにしています。

>>tamiyさん、こんにちは!!

いつもご覧くださりありがとうございます。

サラシ生地の夏用着、大人にも良いと思いますよ。
サラシじゃなくても、手拭いでも浴衣でも、絽でも紗でも^^

これが終わると次ぎは昭和のワンピースリメイクです。
レース生地でもないのにわざわざ伏せ縫いしてるんですよ。
薄いのに、生地に張りがあって丈夫。
ザ・昭和なイッピンです。

tamiyさん、刺し子なんていかがですか?
もくもくとチクチク刺していくと気分が晴れていると友人が言っていました。
わたしは針目を誤魔化し易い刺繍が気楽で良いですね。
チコ服にインチキ刺繡でもしておこうかな。
非公開コメント