プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

和装肌着を解いてタック入りタンクトップを作ってみる 【完成】


というわけで出来ました。

前で、

タックランニング (7)


うしろ。

タックランニング (7)a

やっぱり、ただのゴムギャザーの方が似合いますね。
もうちょっと詰まった生地だったり、柄入りだとタックも映えるんだろうけど。


全て縫い代折り返して、表からジグザグミシン処理なので
ペラい仕上がりです。
さらし生地にあってるちゃーあってる。

タックランニング (7)b

袖ぐりのカーブのキツイところをゆるめにすれば三つ折処理がしやすくなって
縫い代ただの折り返しよりもペラくない仕上がりになると思います。


なんか暇だから、刺繡でもほどこそうかな。

タックランニング (7)c

金魚の図案を持っていますが、チコにはやっぱ、鯉だな。
紅白がいいかなぁ、大正三色だと大変かなぁ。

チコがまだまだがに股のチコでしかなかった頃。
客間に使っているミシン部屋は元々客間で、置物なんぞが飾ってあるんですよ。
棚の上に鯉の置物があるんです。
チコが二足歩行を始めて視界を広げた頃から目を付けていた事には気付いていました。
お母さんからパンを貰うと鯉の口元にそぉ~と近付けて餌付けしようとしてたりした。
「食べないよ」と声をかけると、あわてて駆け戻ってきた。
ある日、その日がきた。
背後で ゴ ッ ト ン と音がして振り返ると鯉が棚から下の床に降りてた。
「お・お・お・おぉ~、どうしたどうした」
チコに近付くと「ふんふん」言っています。
まだまだヒトモドキなので主に鼻息で意思を伝えてくるんです。
「捕まえた?」
「ふんっ!!」
「いつか捕まえると思っていたけど、今日がその日だとは思わなかったよ」
「ふふんっ!!」
「この鯉はとても危ないだよ。
下に降ろすと足の小指の骨が砕けるかもしれない。
とても怖ろしい鯉だから、元に戻しておこう」
「っ!?」
あんなに重い思いをしてようやっと棚から下ろしたのに!!
チコが手を伸ばしてきて胴が開いた。チコのポコ腹ががら空きです。
「どーーーん!!」と言って鯉の口先をめり込ませてやったらチコがビビッた、ビビッた。
「こわーい、こわーい」半歩退いた。
「怖いねぇ、怖いから元に戻しておこうか」
と、そんなチコ騙しの出来事がありました。
その後もチコは鯉を狙ってましたね。

そうだなぁ、やっぱ丹頂かなぁ。




にほんブログ村


コメント

非公開コメント