プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紳士用スラックスを冬用パンツにリメイク・再 【削る】


股下を解きました。

ウールボタン (3)

前後の股上部分はそのままです。
前はファスナーが付いたまんま。
脇を削れないので後部分を削るのですが、後股上も縫合されたまんまです。


こんな感じで、削ります。

ウールボタン (4)


余分を切り取る前に、
後股上部分を出来上がりに仮縫いしておきます。

ウールボタン (4)b

それから切り離します。


前後の股下の長さがまぁまぁ同じなら、なんとかなります。

ウールボタン (4)a

厚地で、長距離を縫う場合は、ミシン縫いで下になる布(だいたい後ろ身頃をあてるようですが)に
ゆとり(ゆるみ?)をもたせて縫い上がり時の帳尻を合わせるというやり方もあるようです。
あんまり下布をミシンの送りに合わせて進ませすぎると、上布がツって、下布が波打つ仕上がりです。
0,5~1,5cmが誤魔化せる範囲だと思います。


そんなこんなで縫い合わせて、

ウールボタン (5)

いつもの見慣れた形に仕上げます。




にほんブログ村


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。