プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

ただのYシャツをフツーに直す 【発掘】


スラックスばっかり直していたら飽きたので、シャツ等を発掘。

シャツ (1)

家にはびこるシャツ系古着の10分の1ってとこですかね。
この、3倍くらい、袋に入って値札つけたまま黄ばんでるシャツ類があります。
総計1割くらいがそのまま着れそうな新品シャツってかんじです。
・・・もっと少ないか。

着古された古着のみなさんでして、
着尽くしたネルシャツや保温効果の怪しげなコーデュロイなんぞがあります。
が、どこかのファストファッション店の生地よりは厚くしっかりしている。
それだけが昭和の名残りという生地たちなので、もうひとシーズンくらい着れんじゃね?

ってことで、1着選んでみる。

シャツ (1)a

よくある、ただのYシャツです。
襟首が黄ばむほど尽くしてないが、、タンスに突っ込まれている間に
服として存在することを諦めたような疲労感をまとったYシャツです。


シャツ (2)

とりあえず、芯が硬い襟とカフスを外してみる。




にほんブログ村


紳士用スラックス 量産型リメイク


今度は、紳士用スラックスのベルト位置にゴムを通して婦人サイズにするってだけのリメイクです。
いつかも作ったけど、全部、叔母だの大叔母に渡しあげたので、自分用に作り直し。
母は、ボロは捨ておいて良さそうな服から直して着ればいいと言いますが、
ボロから直して改良点を取り置いた自分用に直すってのがわたしのやり方です。

セコイ!!
このセコさが我が家の古着リメイクに相応しいと小揺るぎも無し。


さてと、ストレートパンツとして穿くなら裾幅をいじることもないので
股裂きはせず、ゴムを通しただけ。

ストライプ (1)


よくある紳士モノ的トーンのストライプ柄。

ストライプ (6)


後身頃にゴムを通し、

ストライプ (4)


前身頃のベルト通しに隠してゴムを留める。

ストライプ (3)


業務用アイロンで圧したと思われる折り返しを使いまわせて満足。

ストライプ (2)


こんな調子でやっつけていって、そのうちイタリア製生地のを直すんだぁ。




にほんブログ村


化繊100%スラックスをリメイク 【開いて削る】


股下を開きます。

チェック (4)a


前回、うっかりファスナーまで解こうとしてしまいましたが、
ファスナーからうしろ身頃との縫い合わせまでには余裕があるものです。

チェック (4)b


前身頃の詰め分をこの範囲内に収めれば、
サイズ調整が出来て、ファスナーも使いまわせます。

チェック (4)c

あんまりファスナー部分ギリギリまで詰めると、ミシンがけが大変になる場合があります。


開きました。

チェック (5)


余分を削ります。

チェック (6)

今回は、ストレートパンツでいってみようと思います。




にほんブログ村


化繊100%スラックスをリメイク 【下調べ】


祖父のスラックスは累計50本超え。
スケスケの夏用ウールもあるものの、
冬場に直す必要もないので、春からの手仕事にまわす。
その他、化繊混や化繊100パーもちらほら。
化繊100パーモノがどんなもんか直してみようと思います。


暗いチェック柄の化繊100パー。

チェック (1)


ポケットのカッティングが少し凝ってる。

チェック (1)a

いつか真似してみよう。


作り自体は、かなり簡素。

チェック (1)b

これを直してみようと思います。




にほんブログ村


紳士用スラックスを冬用パンツにリメイク・再 【微調整のち完成】


試着したところ、思いがけないくらいウエストが詰まってた。
ボタンを斜めがけする必要がなくなったので、元の位置に付け直す。

ウールボタン (8)

冬物の上着を飲み込むゆとりをもたせたウエスト回りに仕上がりました。


太もも周りの横幅を削ることができず、
ゆったりテーパードって感じですかね。

ウールボタン完 (1)

脇を解けば・・・しかし、それをするとポケットが犠牲になる。
昭和的細工がされているらしく、ポケット周りの生地がかたい。
切るのも縫うのも大変そう。
そういうワケで、脇は触らない。


うしろ。

ウールボタン完 (2)

折れ線がだいぶ内側に傾きました。
着崩すほど目立たなくなるだろう。

あとは、横幅を詰めるために後ろ中心を詰めるときに外したベルト通しを

ウールボタン完 (3)


再装備で本完成ですが、

ウールボタン完 (4)

ここまでは、やらねぇな。




にほんブログ村


紳士用スラックスを冬用パンツにリメイク・再 【縫い上げる】


今年は初日の出も拝めず、年始のスーパームーンで月光浴することもなく始りました。
で、事始が去年の遣り残し更新。
早々、しくじった感満載です。

年末年始の越し方にしくじった場合は、節分を切り替えにつかって
冬至・夏至やらの二十四節気を体感しながら過ごすことで取り返せるそうです。(願望)


さてと、何事もなく続けていきます。
股下、主に尻の方を縫い直します。

ウールボタン (6)a


前はファスナーの合わせを狂わせないよう、
できるだけ触らないように心がけ、

ウールボタン (6)b

ファスナーの縫い合わせまで解いてしまった場合は
できるだけ、縫い代の折りに忠実に縫い直す。

ウールボタン (6)c

紳士モノは触るほど収拾がつかなくなる。


うしろの見返し布は、
手縫いでセコセコ縫い合わせる。

ウールボタン (7)b


ほどほど出来上がり。

ウールボタン (7)c

いったん穿いて、ウエストの締まり具合を確かめる。
まだまだ緩いなと感じたら、
うしろのウエスト周りにゴムを通す細工をする。




にほんブログ村


紳士用スラックスを冬用パンツにリメイク・再 【削る】


股下を解きました。

ウールボタン (3)

前後の股上部分はそのままです。
前はファスナーが付いたまんま。
脇を削れないので後部分を削るのですが、後股上も縫合されたまんまです。


こんな感じで、削ります。

ウールボタン (4)


余分を切り取る前に、
後股上部分を出来上がりに仮縫いしておきます。

ウールボタン (4)b

それから切り離します。


前後の股下の長さがまぁまぁ同じなら、なんとかなります。

ウールボタン (4)a

厚地で、長距離を縫う場合は、ミシン縫いで下になる布(だいたい後ろ身頃をあてるようですが)に
ゆとり(ゆるみ?)をもたせて縫い上がり時の帳尻を合わせるというやり方もあるようです。
あんまり下布をミシンの送りに合わせて進ませすぎると、上布がツって、下布が波打つ仕上がりです。
0,5~1,5cmが誤魔化せる範囲だと思います。


そんなこんなで縫い合わせて、

ウールボタン (5)

いつもの見慣れた形に仕上げます。




にほんブログ村


紳士用スラックスを冬用パンツにリメイク・再 【改造箇所拡大】


今年ももう終わりますね。
今年ときたら更新をサボりまくって今年作った分を載せきれませんでした。

これは去年にリメイクを施した紳士用スーツパンツです。

ウールボタン (1)

発掘史上最大サイズだったような気がします。


脛から裾幅をすぼめただけの簡易リメイクで、

ウールボタン (1)a


腰周りはゆるゆる。

ウールボタン (1)b


中心線をズラして、ボタンを付け替えても、
ゆるゆる。

ウールボタン (1)c

このたっぷり感とゆるゆる感で、スリムGパンの上から更に穿けて、
暴風雨警報中でも穿いて出ると暖かかった。
すばらしい防寒着でした。

やっぱウールパンツいいじゃん、あったかいじゃん。
来年の冬にはフツーのパンツにリメイクし直そう。
そう思った来年が今年なもんで、直しました。

今度はまともに穿けるサイズのパンツにすべく、
股下を切り開いて幅詰めを試みます。

ウールボタン (1)d

幅を狭めるなら、脇を詰めたほうがいいのでしょうが、
脇には、せっかくプロが業務用ミシンで仕上げた立派なポケットが付いているので、
そこを活かすべく股下を削ってみようと思います。

失敗してもダメージ0がリメイクのいいところです。




にほんブログ村