プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

Yシャツ3枚からピンタックブラウスを作る 【2本針を試す】


8枚のYシャツから、「白生地」「日本製」を選び取り、
ピンタックを付けようとヘラを握ったのですが・・・
Yシャツ生地の性質上、跡が付きにくくなっています。
アイロンでたたもうとすると、化繊の織り込み方が機密技術なのでしょう、生地が平面にも戻ろうとする。
さすが、日清紡・・・商人国家アラブの富裕層に好まれる白く白い生地。

ピンタックを寄せる前身頃はシナ製に変えようかな、、、
そういえが、ウチのミシンに「2本針」ボタンがあったなぁ。
「ピンタック」と、説明がそえられています。
これ、試してみるか。


と、いうワケで、2本針ピンタックです。

白シャツ (6)


ピンタック、とはいうものの、2mmにたたんで小波立つあのピンタックではないなぁ。
ダブルステッチだろ、これ。

白シャツ (6)a

指でなぞると、そこそこ隆起しています。
向こうが透けるような薄生地を使うか、
下糸を強化化繊糸にして、引いて締めるとより山が立つのだと思います。
もろい綿糸使用なので、恐くて引けない。
2本針ピンタックは、山ではなくて、ステッチ間の谷のシワが見世物ののようです。
わたしが作りたかったので、波なので、どちらでもない。

とはいえ、まぁ、楽でしたわ、2本針ピンタック。
ヘラもアイロンも使わなかった。


ピンタック間を、タックで更に狭めます。

白シャツ (8)


縮めすぎたようで、前合わせの折り返し分を失いました。。。
前立て、別布で追加です。

白シャツ (9)


今回のシャツはノーカラー。
ピンタックとタックでギザギザしている襟ぐりは、見返しやバイアスで折り返すにはかさばる。
縫い代0に刻んで包むといいと思う。

白シャツ (11)

バイアスパイピングでもいいと思いますが、継ぎ接ぎなしのバイアスをとれそうもないので、
肩線の継ぎ目なしで幅狭のヨークを付けようと思います。


そんなワケで、思惑よりパーツが増えました。

白シャツ (10)

片方の前身頃と、袖が同じ生地。
片方の前身頃と、襟ぐりヨークが同じ生地。
後身頃と、前立てが同じ生地。


では、組み立てます。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ リメイクへ
にほんブログ村


Yシャツ3枚からピンタックブラウスを作る 【製図】


GW中にYシャツリメイクをしようと思っていたんです。
ざっと、8枚ほど。
型紙1枚作って、後は独り流れ作業ですべて処分。
着物も3枚ほど解いて、洗って干して、たたんで、
それとは別にウールの羽織を解いて楽パンツを作ろうか。

・・・なんてね、思っていたんですよ。
ひとつも出来なかったね。

何に阻まれたって、Yシャツ処分です。
ピンタックシャツを作ろうと決めてかかりました。
継ぎ接ぎの必要がありました。
8枚のYシャツを並べてみたところ、
あいつ等、つまらん白さをしているくせに、白さが違うんです。
格子だったり、縞だったり、織りも違う。
この微細さを許容することが出来きない。
遠目には判らないほどでも、近目では目立たない違いが不愉快なんです。
いっそ、もっと、違ってくれていたらいいのに。
「みんな違って、みんないい」
金子みすゞが降りてくるまで放置してました。

と、いうワケで、ご無沙汰いたしました。
ぼちぼち作業にかかります。


ミセスのスタイルブックから、
技巧感の薄い、どってことなさそうなブラウス製図を写します。

白シャツ製図


どってことないYシャツが材料です。

白シャツ




Yシャツの後身頃を使えば、
思う存分タックを寄せられそうです。

白シャツ (3)

後ろヨークを避ける分、
ブラウスの丈は少し短めです。
丈を長くするなら、もっとシャツを接げばいい。


Yシャツの後身頃を3枚が、
ピンタックブラウスの身頃です。

白シャツ (4)


では、ピンタックを試みます。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ リメイクへ
にほんブログ村


従妹のぽっちゃりちゃんにダルマラインチュニックを作る


従妹のぽっちゃりちゃんは寸詰まりのマトリョーシカのようでカワイイ体型をしています。
ぽっちゃりしているといっても、華奢な肩幅をしていたりするのがぽっちゃりさん達だと思います。
なので、大抵のぽっちゃりさんは、脇下からAラインで広げてやると収まりよく着痩せして見えるそうです。
個体差で、胸の肉厚がすごいとか、背中に尋常でない肉が乗っているとかいうと、
特別な操作が型紙に必要になってくると思います。


150cm幅、80cm、格子柄のウールを発掘。
13号チュニック製図にギリギリあるかの制限値ハギレ。
しかも穴あき、避けられない。

だまるチュニック1

気にせず型紙を当てて切り出します。
ギリギリ、ポケットを付ければ生地がなくなるくらい、ギリギリでした。


胸元に切り替えがあると目くらましに良いのじゃないかとV字バイアス切り替え。
厚地ウールには、向かない処理だったッ。

だるまチュニック2

伸び止め処理を施しておく。


後ろも、やっとく。
効果があるかは、分らない。

だるまチュニック3


後ろ開きは無くても着られるけれど、母さんが「デブには必要だ」と言うので。
裂いて作った後ろ開き。

だるまチュニック4

細いまげゴムをかぎ針で編んでループに。
祖父の箪笥から出てきた昭和ボタンコレクションを拾って付けておく。
雰囲気だけ、アンティーク。


あっさり完成。

だるまチュニック5


ぽっちゃりちゃんにどうなんだろう、このダルマライン。
渡す時ニヤけないように気を引き締めなければ。

だるまチュニック7


いつだか作った従妹の服。
「マトリョシカに作ったマリョコロジーだ」そう言って、叔母に引き渡しました。
「マリョコロジーと唱えながら渡せばいいの?」叔母が怪訝がるので教えてあげました。
「マトリョシカに古着リメイクして廃品処分のエコロジー。
マトリョシカとエコロジーの造語としてマリョコロジーだ。
けっして、ぽっちゃりコロコロとかけているのではない」
「・・・っぶ」叔母が吹いた!!
「それ、どう考えても、コロコロのコロでしょう」
「違う、無用な誤解を与えるようなニヤケ面で渡さないでくれたまえよ」


気を付けなければ。


そうそう、この服、せっかくのV字に格子柄が沿っていない。
そして、格子も正方形ではないので、バイアス裁ちがずれている。

だるまチュニック6


チェック地を切り替えるときは、気を付けないとね。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村


従妹のぽっちゃりちゃんにセット服を組み立てる


従妹のぽっちゃりちゃんに作ったチュニック。
9号ジャケットを13号に作り変えリメイクしたヤツです。

13号ジャケット1


コレに ドルマン白シャツ を合わせると・・・

セット

どこかで見たような形をしています。


チコさんの入園式の服ですね。

チコスーツ

同じですね。
そうなんです。
従妹のマトリョシカの服をチコと同じにしてやったんですよ。
「チコと同じにされて、どんな気分だ」
受け渡し時に感想を伺いたいものですね。


従妹は作ってくれるのなら、手作り服をフツーに着ますと言っていました。
箪笥の中の廃棄品をリメイクして、チコどもに着せて写真を撮ってカタログにするまでが趣味なのだと、前もって伝えておきました。
「というコトで、お前もわたしが作った服を着たら写真になってカタログに納まるというワケだ」
従妹も納得していました。
「このチコの隣に入るんだぞ。どんな気分だ」訊いてみた。
従妹はまったく落ち着いた様子で
「チコのように可愛くないので申し訳ない」と言っていました。


そんなマトリョシカにはチコと同じポーズをとらせようと思います。

チコスーツ1


変な靴下も、履かせないとだな。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村


従妹のぽっちゃりちゃんにドルマンブラウスを作る【完成】


さてと、仕上げます。


白シャツ未使用の片袖からカフスをバイアスに切り出します。

白シャツ2c


後ろ袖にギャザーを寄せてカフス装着。

ドルマンシャツ袖2

後ろ袖のふくらみが、肘の自由な可動を可能にするんだろうな。


前。

ドルマンシャツ袖1


むささびラインのゆったりさでつれることなく仕上がりました。
フレンチスリーブもドルマンスリーブも、つれると一気に冷めるわ。


後ろタック。

ドルマンシャツ後ろ

タックを入れる角度がよく分らぬまま、テキトーにやっつけた。


それでも完成。

ドルマンシャツ前


身頃には日暮里の安生地屋で買った白生地を使っています。
生地の中でも特に白いモノを選んだつもりでしたが・・・
Yシャツになるために作られた白い生地に比べて、黄ばんでます。。。
生地屋に行くと、生地が分んなくなるんだよねー。

切り出し終わってあとは廃棄処分が待つ白シャツから最後にちょっと切り取って
素材を書いて、白生地選びの基準に使おう。


胸元パーツに使った白シャツは、
綿60%、ポリエステル40%の形態記憶シャツでした。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村


従妹のぽっちゃりちゃんにドルマンブラウスを作る【ボータイを付ける】


パーツその2のボータイを作ろうと思います。
今回のボータイは、
襟ぐりのカーブにそった立て襟を製図して、
リボンを挟む。
二手間仕立てでいってみたいと思います。

この手間が、ただの直線断ち布を襟に付ける手間無しボータイの出来上がりと大差なかったら、
二度と、決して、金輪際、作らねぇ。


と、いうワケで、襟製図。

襟2

立て襟に3cm角度を付けてみました。
リボンは先に行くほど幅広にしました。


白シャツの後ろ側から生地を取ります。

白シャツ2b

立て襟は背中から、
リボンは袖から取りました。


縫いました。

ドルマン6

・・・あ、襟芯貼り忘れた。。。
形態記憶シャツらしいから、まぁ、いいか。
従妹のだし、まぁ、いいや。


付けました。

ボータイ1

直線よりも、好ましいラインが出来ています。
気合入魂のボータイブラウスはこっちで作ることにしよう。


結んでみました。

ボータイ2

リボン裾の幅広効果が、まったく感じられません。

ぽっちゃりちゃんには、顔周りのパーツがデカイ方が良いと思い、
ピンタックではなく太タックにして、フリル幅も広めにとりましたが、
リボンが小さい仕上がりになってしまった。。。
要改良。


そんなこんなであと一息。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村


従妹のぽっちゃりちゃんにドルマンブラウスを作る【フリルタック胸元パーツ】


フリルでタックな胸元パーツを作ろうと思います。


白シャツに気が済むまでタックを寄せます。

ドルマン1


ほどほど気が済んだので胸元パーツを切り出します。

ドルマン1a


返せば婦人用前合わせになります。

ドルマン1b


白シャツの背中からフリルを切り出します。

白シャツ2a

フリルは直線でも良かったのですが、
背中が広々していたので、曲線に沿わせてみました。


良いギャザーが寄るのは、フリルの長さがフリル付け位置の1,3~1,5倍、
長くしても2倍以内だそうです。
コレ、たぶん1,5くらいです。

ドルマン3

端に三つ巻きミシンをかけようと思ったのですが、カーブがきつくて上手くいきませんでした。
三つ巻きミシンを楽にかけるには、もっとカーブを緩くしておかなければならないと。


ジグザグミシンをかけて端を折り返して、押さえの為にもう一回ミシン。
と、思ったのですが、密度高めのジグザグミシンをかけてみたら、

フリル

これはこれで・・・まぁ、いっか。に仕上がったので、そのままにしておきます。
従妹のだし。


タックを寄せた胸元パーツにフリルを付けて、

ドルマン4

パーツ1、完成。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村


従妹のぽっちゃりちゃんにドルマンブラウスを作る【製図】


ぽっちゃりさんはきっと好きに違いない。
むささびドルマンスリーブ。

従妹のぽっちゃりちゃんに作ることにします。

13号製図からはみ出すはみ出す。

ドルマン製図1


従妹のぽっちゃりちゃんは若いからね。
はつらつとしてムチムチだからね、胸元をフリルとタックで飾ろうと思います。
胸元を切り離しておきます。

ドルマン製図2


前立てやボタンホールを自力で作るのがメンドイので、
こいつを使います。

白シャツ1

白シャツです。
何の変哲も無い、白いYシャツです。

白シャツ2


ウチの箪笥にはスーツが30枚以上詰まっています。
Yシャツも数あるわけです。
誰も着ないのに。
着ないほど黄ばむのが白シャツです。
白いところだけ切り出して処分します。
胸元パーツ作りの手間が省けて、ゴミに出せて一挙両得。


この白シャツ、紳士モノなので前合わせが婦人モノとは逆です。

白シャツ1a

ひっくり返して身頃を合わせれば、婦人モノの合わせになります。

そんな感じでパーツその1を作ります。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村