プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

紳士用スラックスを冬用パンツにリメイクしてみる 【穿いてみた】


紳士用スラックス を直す。
たいしたコトもせずに出来上がり。
出歩きに耐えうるものか穿いてみます。

ボタンスラックス着 (1)


ポケット付いてるし、

ボタンスラックス着 (1)b


横、

ボタンスラックス着 (1)a

最近ぶら下ってるパンツって、こんなですよね。
股上深めでハイウェスト。
友人が、ガウチョじゃないフツーのパンツのつもりで買ったらこんなパンツだったって言ってた。
今なら穿けるな。
来年も穿けるかな。

けどまぁ、先細りのサブリナ風パンツは日本人の体形にしっくりきますわなぁ。
永続的に穿いてておかしくないパンツだと思います。


うしろ。

ボタンスラックス着 (1)c

ポケット付きはいいですね。
しっかりして見える。
これはやっぱりシロートの技量と家庭用ミシンじゃ難しい領域だね。


ちょいとそこのスーパーまで穿いて出かけてみた。
冬の冷風がまったく気にならなかった。
ウール100%、いいね。
買うまでもなく家にあるんだから、やっぱ、いいわ。




にほんブログ村


自選・自作大人服ベスト3 【2016】


ベスト3は、おっかさんに 新品ネルで作ったジャケット です。

ネルコート実着 (2)

 末叔母に作ったネルジャケット も雰囲気良かったけど、
こっちは箱ポケット頑張ったし、ネル新品だし、選んどく。
ネルはジャケットにすると、いい雰囲気に収まるものらしい。


ベスト2は、 ヨレヨレお寝巻リメイクのブラウス

寝巻きブラウス1

7号の友人に似合ってる。
やっぱマッチーはいいよねぇ。
ガーゼでも麻地でもいぃ~脱力感をかもせると思いますが、
今度は張りのある布でウェスト絞って、同じデカ襟付けたのを作ろっと。


ベスト1は、 大きめ赤いスカート

実着2

細身の友人に作ったO脚無効スカート も良かったけど、
コッチを選びました。

申年に、下半身を赤で装うと良いらしい。
と、風水好きの友人に縁起を担いで押し付けたモノです。
今年の年賀状で驚きました。
「苦節15年。11月に出産しました」
赤いスカートどうこうの話と「妊娠した・・・かも?」が重なっていたそうです。
「無事出産できたのは縁起物の赤いスカートのおかげだと思っています」
って、コレはまぁ、誇張でしょうが、
縁起物が本当に縁起物になったってのがとても嬉しかったので、
ベスト1です。

今年は主に、着物リメイクを頑張りたい。
自主的に意図的に頑張らないと古布は減らないと自覚しました。
がんばるぞー!!
ネットショップ開設して売るぞー!!
減らすぞー!!

今年の抱負です。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ リメイクへ
にほんブログ村


自選・自作子供服ベスト3 【2016】


あけまして、おめでとうございます。

そぉいやぁ去年1年作った服を振り返り忘れたので、年頭早々に済ませておこうと思います。
見返してもたいしたものは作ってませんが、まぁ、やっときます。

来年の話をすると鬼が笑うそうですが、去年の取りこぼしを拾うとどうなんでしょうね、
鬼に蔑まれんのかな。
あんまり気にならねぇなぁ。


デコ・チコ合算で、
ベスト3は タンクトップのパンツスカートリメイク

しまフリル完 (4)

そこら辺の激安チェーン店にぶら下ってそうな雰囲気で、ベスト3。


デコさんが穿いてます。

パンツ

バランスとして、もっと短い方が可愛いので、表彰台の一番下。
相変わらず、デコさんにはあんまり良い出来のモノがいかないなぁ。


ベスト2は、 昭和のジャンパーを解体して作ったショートパンツ

ジャンパー (11)a

大人用の深いポケットを、底浅にして余りをイカそーめんにしたのが
個人的に気に入っているので、ベスト2です。


サファリ2

チコに似合っていて満足です。
穿いていないとしても、満足です。
着る人に似合う仕上がりってのは重要な選考基準ですね。


ベスト1は、 キャラTをリメイクしたスパッツ 。

Tシャツ (6)


チコが穿いてます。

パンツ・スカート

もともとスパッツだったんじゃないかってくらい、ピッタリ穿いてます。
元が何なのか分らないって、リメイクとして最高です。


年末に友人が子連れで来るというので待っていましたが、
ピンポンが鳴って玄関にいたのは友人1人でした。
「おひとり?」訊ねると、
「あいつ等、パジャマから着替えないから置いてきた」
デコさんとチコとで、週末はため録りしたアニメの再生権をめぐって争うそうで、
出かける気などさらさらないそうです。
「デコ2ツみたのに、チコまだ1コしかみてなーい!!」
姉と同格に振舞おうとするなんて末恐ろしいチコですが、
チコが録っているのはハリー・ポッター等の映画が多く、
フツーに30分アニメを録っているデコさんと本数で争うのは平等じゃないと思うんですが、、、

そぉいやぁチコが「ほげー」か「もげー」しか言わないがに股のチコでしかなかった頃、
デコさんのココアを欲しがって近づき、押し退けられていました。
「スプーンで5杯わけてもらいなよ」
チコに小さなお猪口を与えてやると、
スプーンですくうって事とたった5杯をデコさんが了承し、
1杯ずつスプーンですくってチコに分け与えてあげていました。
1杯、2杯、3杯、ときたところで、
「よーん」「よーぉん」「よぉ~~~ん」
チコが「4」を数え続けて、「5」を遠ざけ、なんだかんだと10杯貰っていた。
チコはあの頃から賢かったなぁ~。

「うずらさんに会った事を自慢して悔しがらせてやる」
と友人は帰って行きましたが、
もう、うずらさんとは遊んでくれないくらい賢くなったんだろうなぁ。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ リメイクへ
にほんブログ村


ネルのお寝巻を冬用パジャマにリメイク 【試着する】


というワケで、 ネル寝巻きからパジャマパンツ を作りました。
サイズ確認のため穿いてみます。


前。

ネル完(2)

柄が、捻じれてますねぇ。
思ったよりもスリムな感じです。


うしろ。

ネル完(2)a

ポケット位置が下すぎじゃないかと思いましたが、


ゴムパンなので、上着でゴムウェストを隠すと、

ネル完(2)c


ポケット位置がちょうど良くなるとわかりました。

ネル完(2d)

なかなか考えられている。


『 I Love Pants 』


今回はボーダーパンツを作りましたが、
モデルさん着用でものっすごいでっぷりに見えるツイードバギーパンツもほどほどのサイズ感なのかもしれない。
アホほどタンスから出てきたスーツを継ぎ接ぎして作ってみても良いかもしれない。

SサイズのおっかさんにMLサイズで作ってのでゆったりパジャマパンツになると思います。
おっかさーん、出来たよー。
「・・・・・。」
おっかさんが、めちゃ渋です。
「なに?この、擦れてガサガサしたダンボールみたいなネル」
作れって言われたネル寝巻きで作ったよ。
「ちっがーう!!これじゃなくて、ビニールの袋に入った、紫の、アレ、あったでしょ!!」
あったかなぁ~。
つーか、おっかさん、目敏いなぁ。
タンスの古着になんて興味なさそうにしていて詳しいなぁ。
じゃぁ、これも祖母に払い下げですかねぇ。
「・・・、作ったんなら、まぁいいよ。ひと冬これで我慢してやる」
だってさー。

難癖つけながらもみもみしてたら、やっぱりネルはあったかかったらしい。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村


友人に試作した服をママさんが着ている。。。


祖母の知り合いに小金持ちの奥さんがいて、
小金持ちの奥さんには大金持ちの叔母さんがいるそうです。
大金持ちの叔母さんは片付けられない老女だそうで、
小金持ちの姪っ子が片付けがてらちょくちょくお着物を持ち帰りするそうです。

そんな関係で、ウチにも何枚か着物を置いていった。

小金持ちの奥さんと祖母は、共通の友人を介して知り合いました。
その共通の友人はいささか見栄っ張りなところがあり、着物を作るとこれみよがしに飾っているそうです。

小金持ちの奥さんが祖母に着物を置いていく時の台詞。
「あの人が飾ってるような着物とは、ワケが違うのよ」
小金持ちというのは、自分の心を満たす為に回りくどいことをするものらしい。

そんなこんなで置いていかれた着物の中にロウケツ染めとかいう着物がありました。
錆びた藤色で、白く散った柄が梅の小枝のようで可憐さがあり、7号ぽっちの痩身の友人にとても似合いそうな柄でした。
いっちょブラウスでも作って押し付けるか。
と、思ったのですが、なんとも価値を強調するように置いていかれたので、いきなり切るには気がひけました。
ひとまず、お裏地生地で試作することにしました。
「着たら写メするねー」との友人の言葉を気長に待っていました。


待ちに待った結果。

試作ブラウス

ママさんが着てるー!!

ちょっと時間がたったから、このお裏地服がロウケツ染めの本縫いのための試作服だということを忘れているのだろうか。


とりあえず、、、検証しておきますか。

試作ブラウス2

袖口と裾のラインをそろえてケープ風ブラウスを目指してみたけど、
その点に拘る意味を感じませんね。
ただのAラインならともかく、サイドプリーツがデブに見える。

ママさん、何故着ているんだろう。
Aラインを好むミセスらしさでついつい着たのだろうか。
けどこれはただのAラインではなくて、サイドプリーツのAラインなので幅広効果が尋常ではない。
2度書きするくらい、デブに見える。
丈が良くないんだろうな。
デブ化の黄金率の方にはまったんだろうな。
いっそワンピにして高めの位置に腰紐ベルトなんか付けると案外スッキリしたりして。


ミセスを素敵にする白パン穿いてるのは流石のママさんですなぁ。

試作ブラウス3

更にミセスはだらっとした長袖よりも手首を見せたほうが軽快に見えるそうなので、
なんとなく二の腕はカバーするフリル袖なんかを身頃のプリーツを利用して挟んで付けるといいかもなぁ。
いつかチコに作ったみたい にして。

このお裏地服は日常着にはならないと友人には伝えてあるけど、
ママさんには伝わっているのだろうか。
気になるなぁ。
なんでママさん、着てるのかなぁ。




にほんブログ村


浴衣シャツを友人母子が着る


とりあえず、古着物たちを片付け終えました。
もう箪笥の抽斗を割り当ててやることが出来なくて、
布団袋なんかに詰められて不満な着物もあるだろうけれど、仕方がない。

古着物たちが床に雑多に積み上げられた状態から布団部屋に片付けられて
目に触れなくなったことでだいぶ気が楽になりました。
家に同じ量の古着物があることに変わりはなんですけどねー。


さてと、いつか作った古布リメイク服を友人が着てくれたようです。

寝巻きブラウス1

7号サイズの友人に水玉チュニックを作り、
ヨレヨレ浴衣地の丸襟ギャザーシャツ は生地が傷んでいたので、身幅を広く取って袖ぐりも開いて運動量を上げて、
友人おママさんのお掃除着にでもしてくれたらいい。と思い、その旨手紙にしたためて内封しました。

受取った友人からメールがきて、
母に作ったという丸襟ギャザーシャツの生地の柔らかさにとても心地よさを感じる。
「~の松」と入った意味不明プリントも気に入った。
どちらかといえば、こちらの方を自分用にいただきたい・・・
というようなことが遠まわしに遠慮気味に述べられている。

ママさんに作ったと明言してあるモノをわざわざ欲しがる。
倫理に反した強欲さに心を痛め懊悩しつつも、
今ならまだ、うずらちゃんの心ひとつで受取り手を変えられるはずだ。
というようなことに拘っているようです。

神経過敏でメンドクサイところがある友人なんです。
その類似面がわたしにもあるので、ダチをしていられるんだと思います。

好きにしなよ。
しかし、友人め、やっぱり気付いたか、ボロ生地ながらも質感の違いに。

と、いうワケで、7号サイズをお母さんが着ているから、
二の腕辺りがちょっとキツそうです。
ミセスにはもっとおおらかな袖口が望ましいですね。


大きな丸襟が7号サイズの華奢な肩幅に似合っています。

寝巻きブラウス4


友人は長めの丈を好みます。
このミセス用に作った着丈も気に入ったんだろうなぁ。

寝巻きブラウス2

しかしまぁ、友人世代はまだまだ短めが軽快で
気力の衰えをカバーしそうでいいけどなぁ。


短い丈が気になるなら、
少し鋭角に中央だけ長くすると細見えしていいのじゃなかな。

寝巻きブラウス3

7号人に着痩せ効果は必要ねぇかっ!!


それにしても、随分なボロ寝巻き・ボロ浴衣だったんですよ。
着ているとそれなりに見えますなぁ。

昨日、野良着に仕立て直された絣を数枚洗って干しました。
まだまだしっかりしていて丈夫です。
あの絣たちなら第二の洋服生活を余裕で始められると思います。
・・・いや、着物が野良着になってだから、、、第三、、、
まてまて、野良着になる前に半纏とかになっているかもしれないから、
第四期目とか!?

すごいなぁ。。。


ママさんの二の腕、スゴイなぁ。




にほんブログ村


姉妹で実着 【ワンピの丈詰め布から作ったスカート】


ワンピースから切り出したスカート2枚

キャミワンピ

デコさんが胸位置に引き上げキャミワンピ、チコがスカート。

キャミワンピ兼用なら、ゴム通しは3段位にした方が厚みが出て良いですね。
スカートは、チコにはロングだったと。

マフラー買うより生地屋でファーを30cm買った方が安かったので持っていて、
捨てようかと思っていたところまんまとチコに下げ渡すことに成功しました。
チコどん満面だし、良かった良かった。

というワケで、今回の廃品リメイクは全部着てもらえたようです。
ただまぁ、このスカートとひと続きだったワンピースリメイクブラウスの試着画はなかった。
1枚のワンピースから3枚作った服を母子3人で着用している画像は、なかった。
ガッカリした旨を友人にネッチリ伝えておかないと。

さてと、
7月で尽きるだとうと思っていた取り置き画像で9月まで更新できました。
粘ったなぁ~。
先月、土蔵を壊しまして、ものすごい量の古着物が出てきました。
箪笥3、長持5、行李5、、、から、半纏、浴衣、寝巻き、袴、裃、、、いろいろ出てきた。
前から敷地内にあったものだから増えたワケではないのですが、
家の中の古箪笥の着物は数年かけて作り変えてゆくめどが薄っすらついていたんです。
なのに、増えた。
気のせいなのかなぁ、着物リメイクを進めるほど、増えてるよなぁ。
ここをなんとか乗り切っても、大叔母の家から大量に着物が来そうな気がする。。。
順番待ちしてる気がする。
秋の夜長に眠れないくらいの被害妄想で挫けそうです。
気力が削がれるような量なんです。

土蔵の取り壊しと帰省がちょうど重なって居合わせた叔母は
「うずらちゃん、リメイクなさいな、リメイクして売っちまいな!!」と大はしゃぎ。
叔母サイズに作っておけば在庫は引き取ってくれるそうだし、
なんかそれもイイかなぁ~って。

今はおっかさんに言い付かった「秋用パジャマズボンを作れ」を保留して
土蔵の着物を材質・染料別けして、洗って、干して、たたむを繰り返しています。
洗濯機が染まるんじゃないかって色落ち具合です。

そんなこんなで更新は不定期になりますが、
ウチから古布がなくなるまでブログは続けてゆく所存です。
どうぞ、よろしく。




にほんブログ村


姉妹で実着 【サファリパンツを穿く】


シャツを着替えたようですね。

サファリ1

デコさんが 肩フレアシャツ を着ています。
フレンチスリーブをフレアに広げて、
出来上がりの半端感にまったくガッカリしたシャツです。

フレンチスリーブ完 (2)

袖口にゴムでも通してラグランパフスリーブにした方が良かったんじゃないかなぁ。


チコは、 袖カフスをキャップスリーブに転用したT字シャツ ですね。

キャップスリーブ 完


今回のメイン実着は、
幅広胴の昭和のジャンパーから2枚切り出したサファリパンツです。

デコさんが、胸部から切り出したパンツを、

ジャンパー (7)


チコさんが、腹部から切り出したパンツを穿いています。

ジャンパー (11)a

バックスタイル・いかソーメンが予定通りチコのモノになったようです。


そんな後ろ姿。

サファリ2

形が崩れるくらいギャザー寄せすぎたなぁ・・・
と、思っていたデコさんのパンツも穿いちゃうとあんまり違和感ないですね。
着ちゃえば服になるもんだ。

パンツの出来上がりにもはや違和感はないのですが、
なんか、近いね、この姉妹。
なんでこんなに接触してんの?
隠れているデコさんの肘はチコをどかしにかかっているはずです。
そしてどかねぇチコ。

チコがまだまだ二足歩行を始めたばかりのヒトモドキでしかなかった頃、
和室のテーブルの周りをただただ走って喜んでいました。
デコさんも加わって、何が楽しいのか金の掛からない体力だけを消耗する健全な遊びに夢中です。
所詮チコなので、半周する度にデコさんに追いつかれて、
「ジャマッ!!」と一喝されては追い抜かれていました。
チコもまた、追い越されるとき大外に寄るんだなぁ。策士だから。
何回目かの追い抜きはわたしの目の前でした。
「デコの前、走るな、ジャマッ!!」
デコさんがドンッとチコを押しました。
チコさん、よろめきつつも腰の粘りでもちこたえ、パタパタと走り出していました。
半周してお母さんの前まで来た時、また追いつかれ、
「前、走るな!!」
お母さんの前なので、デコさんにも遠慮がありました。
指先で、ツンと突いた程度でしたが、
バターン!!
チコが転びました。策士だから。

そんなチコが今となっては力を拮抗させ負けていません。
大きくなったもんだぁ。




にほんブログ村