プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

ミセスにオフショルダーを作る 【既製パターンを探す】


7号の友人にモジャフリルブラウス を作りました。

まだまだシャツに転用できそうな解体和装肌着があるので、
友人のママさんにも作ってみることにしました。

オフショルダー (1)


ママさんの年代にはミセスのスタイルブックから探すのがよかろう。

ミセスのスタイルブック 2017年 初夏号


おっ、表紙のオフショルダー、いいじゃないか。

一昨年か、ガウチョパンツが流行りだし、
去年あたりからミセスのスタイルブックでもガウチョが掲載されるようになりました。
ガウチョがまんまとミセスに受け入れられているわなとオモシロかった。
わたしはオフショルダーがくるんじゃないかと感じていたのですが、
ミセスのスタイルブックじゃオフショルダーは取り扱えまい。
だって、ミセスのスタイルブックのホントのところはハイ・ミセスのスタイルブックだからねー。
と、思っていました。

だから、この表紙には驚いたんです。
ミセスのスタイルブックで、オフショルダーかー!!
しかも、全ての要素がミセス向きのオフショルダーなワケだ。

コレを作りたかったのですが・・・
前身頃にはあまたのタック
袖が相当拡張されている
これは、反物幅では無理だなー。
無理に作っても良さが出ないと諦めました。


オフショルダーのパターンが載ってる本ないかなーと探したら、
ありました。

今着たいトップス


レディブティックシリーズは、出来上がりに緩いところがあるのですが、
今年に限っては、ビックシルエット、緩めの仕上がりがプラスになっていますね。


あとは、参考図書として、

ミセスのスタイルブック


実物大パターンにオフショルダーが載っています。
まぁ、できんじゃね?
と、取り掛かってみることにします。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村


和装肌着を解体してモジャフリルブラウスを作る 【完成】


反物幅布からモジャフリルブラウスを作りました。

モジャフリル1

襟削ったからか、フリルギャザー増量したからか、
襟がフリルに負けてるね。


うしろ。

モジャフリル3

反物幅なので、後ろ中心に継ぎ目が入ります。
コレ、イヤな人はイヤだと思うな。
ただ、細身ブラウスを作る時、どうせ接ぐということで絞り効果に使えると思います。


ボタンホールと留め糸をピンクにしてみた。

モジャフリル6

7号サイズの友人に似合いそうな色調で選んでみました。
画像ではただのピンクですが、若干藤色調子なんです。
キュートですまないお年頃の友人にとこだわってみました。

けどま、ボタンも使いまわしで、似たような白いボタンを選抜したつもりでしたが・・・
並べてみると、パール系だったりアイボリー調だったり、均一な白じゃない、、、
ま、どんまーい。


反物幅に収まりきらず、丈を削られたショートパフ。

モジャフリル7

いっそキャップスリーブまで削っても良かったかなー。


というワケで、モジャフリルブラウス完成。

モジャフリル4

このモジャモジャ感、キライじゃないな。
けど、自分じゃ着ないな。



おしゃれ着を手作りで 』 から、作りました。


う~ん、リバティ生地で作ってみたいなぁ~。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村


和装肌着を解体してモジャフリルブラウスを作る 【始末を終える】


肩を縫い合わせます。

フリルシャツ (6)


はみ出すフリルは・・・袖付け時に巻き込んで付けてましたね。

フリルシャツ (7)

それがイヤだったら、フリルが肩線のキワで終わるように、
フリルの幅なり、付け位置を工夫するといいですな。


袖付け前に、襟だそうなので、
襟付け。

フリルシャツ (8)

襟は最後が自分の手順ですが、
前立ての始末の手触りが残っているうちに襟付けを済ませると
うまくいくような気がしないでもない。


袖付けて、脇を閉じる。

フリルシャツ (9)


袖の始末。

フリルシャツ (10)b

ミミつかって折り返すだけですが、
本だと、
ゴムを輪に閉じて袖口に仕込んで、袖口の始末をするとありました。


が、
のちのちゴムを通したほうが気楽なので
ゴム通し穴を開けておきました。

フリルシャツ (10)a


あとは、ボタンホール作って、ボタン付けて
おしまい。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村


和装肌着を解体してモジャフリルブラウスを作る 【前立てを折り返す】


えーと、前立て作ってからフリル付ける手順のはずが
先にフリル付けちゃったんでしたね、確か。

いっそ前立て別付けにした方が
フリルを先に付けちゃった後の流れ作業的には良かったのかもしれない。

とはいえ、作ったことのないタイプの前立てに興味があったので、
フリルをほどほど解いて工程を巻き戻ることにしました。


前立てを三つ折りにして、

フリルシャツ (5)a

きわから7ミリだったかな、縫い留めます。


で、折り戻す。

フリルシャツ (5)b


表の図。

フリルシャツ (5)c


隙間にフリル端を詰めて、

フリルシャツ (5)d


きわのギリをミシン留めしてフリルを押さえる。

フリルシャツ (5)e


というワケで、フリルと前立て処理が終わった。
フリルがモジャモジャして大変だった。。。


あとあとの話なんですが、
この前立て、左右で布の厚みが違います。
端側が薄く、折り返してフリルを挟んだりしている身頃側が厚い。

最近のミシンだと段差をものともせずボタンホールを縫い上げるのかもしれませんが、
ウチのミシンはガタつきました。

布の厚みを厚紙などで均一にして縫ったらうまくいきました。
また、前立て幅が細めなので、厚紙を噛ませて針が当たるとイヤだなぁと思い
共布の切れっ端を当ててボタンホールを作りました。
気が緩んだ最後の方2度ほど切れっ端ごと縫っちゃいましたが、
巻き込んでしまった布はハサミで切り離しせば、裏だし、目立ちません。

それと、
布が巻き込まれたほうが、ボタンホールの縫い上がりが良かったんですよねー。
失敗して見つけた新発見。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村


和装肌着を解体してモジャフリルブラウスを作る 【もじゃもじゃ】


ダーツを縫って、

フリルシャツ (3)


フリル装着。

フリルシャツ (4)a


フリル端はジグザグミシンでとあったのですが、
三つ巻きのほうが良いんじゃないかとアタッチメントを付け替えて三つ巻き処理。

フリルシャツ (2)b


そのせいか、フリルに軽さがない。

フリルシャツ (4)b

既定よりもギャザーを寄せているせいもあってかボリューミー。


ちょっとアイロン当てとくか。

フリルシャツ (4)c

うん。落ち着いた。
さてと、前立て折り返すかと思ったら・・・
フリル装着よりも前立て仕立てが先だったとはっ。

・・・・・・解く、、、か?



にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村


和装肌着を解体してモジャフリルブラウスを作る 【変更点】


おしゃれ着を手作りで 』 から、


「15」のワンピースを「14」のブラウス丈にして作ろうと思います。
もしくは、「14」の襟を「15」の襟に変えて作る。

「14」でそのまま作ってもいいのですが、
友人には襟付きモジャフリルブラウスを作りたいと思います。


襟はさらに小さくします。

フリルシャツ (1)c


小さくなってます。

フリルシャツ (1)d


さてと、半袖が反物幅に収まりません。

フリルシャツ (1)e

収まらないなりに丈を削って作ります。
キャップスリーブになっても気にしない。

しかし、ミミはつかう。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村


和装肌着を解体してモジャフリルブラウスを作る 【型に切り出す】


和装肌着を解いて、処分がてらチコ服にしてやりました。

戻し反

生地のなかに、ちょっと違った感じのものがありました。


幅は反物幅なのですが、

戻し反 (2)

よくある手拭いっぽいざっくり織りと違って
シャツやシーツに近い感じがする。


ミミがない。

戻し反 (3)

洋服地をわざわざ和装サイズにして作ったようです。

綿100%をうたいつつ吸水性の悪さといったら別繊維だろといいたくなるような
昨今の白シャツ生地と比べると、そこそこに仕上がりそうな生地感です。


というワケで、
おしゃれ着を手作りで 』 から、


モジャフリルシャツを作ろうと思います。
モジャフリルシャツを作りたいけど、出来上がっても着る気はない。
そういうワケで、友人サイズに作ります。


こんなパーツで作ります。

フリルシャツ (1)a


モジャフリルの材料。

フリルシャツ (1)b

衿布から切り出しました。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村


和装肌着リメイク 反物幅パンツを作る


半端に余った布でパンツを作れそうなので作っておきます。

布も雑巾になるよりチコのパンツになった方がよろしかろう。
パンツになっても雑巾と大差ない扱いだとしてもだ。


反物幅に収まるように調整します。

パンツ (1)

削るのは股下だったり、ウエスト布の追加を見越しての股上だったり、
やり方いろいろです。

ただまぁ、ミミは利用したいですね。


と、完成。
縫うとこ少ないんではやいです。

パンツ (2)


裾、ミミ利用。
始末なし、折り返しなし。

パンツ (2)a


ゴム通して完成。

パンツ (3)


これでかれこれ、大人用和装肌着が2着片付いたのかな?
まぁ、衿布は余ってますが、あれば何かに使えるだろうさ。




にほんブログ村