プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

すけシャツリメイク


そんじゃま、
4の薄地クレープ生地シャツをさっくり直してみようと思います。

Yシャツ類2


襟とって、袖切って、終わり。

シャツ1


剣先の名残が残ってます。

シャツ2

コレを切り取るくらい詰めると半袖になりすぎるかなと。

ほつれる感じのしない生地だったので、
襟を外した襟ぐりと切りっぱなしを折り返した袖口は表からジグザグミシンをかけただけ。

かなり古いシャツの仕立てられ方でした。
なにぶんボタンが立派だった。
クリアーボタンに白マーブル模様と気泡が涼しげでこのボタンが付いていたので捨てるのが惜しかったのだなぁ~。

作業中、祖母が熱い視線を送ってきたのでボタンを付け替えて、祖母に渡しましたとさ。




にほんブログ村


古Yシャツ類の中からとりあえず6枚選んでリメイク


とりあえず、シャツ形式の古着を集合させました。

Yシャツ類

衣装ケース2つ分くらい。
こいつをやっつければ家から着ない古シャツ類が消える。

どんくらいあるんだろう。
30枚を超えたところで、数えるのをやめました。
こんなことしてても減らねぇし。

とりあえず、選別。
もうだめだろ、この黄ばみ。
重く、湿った感じのする化繊生地。
それ等は捨てました。
雑巾になることもなく捨てた。

よし、減ったかな?
数えなおして、30枚を超えたところで数えるのをやめました。
やっぱり、こんなことしても減らねぇ。


ミシン触るの久しぶりなもんで、
指慣らしをかねて惜しくない6着を選んでみました。

Yシャツ類2

1・コーデュロイ生地、5%のポリウレタンで伸縮性あり
2・綿100%コーデュロイシャツ
3・ネル風シャツ
4・クレープ生地っぽい薄地シャツ
5、6・ニット生地

紳士モノ、襟付き・カフス付き長袖タイプってのが共通項。

コーデュロイ生地は、春先の羽織モノに出来るんじゃないかなと。
そんで、1シーズン着れば箪笥に監禁し続けた罪も消えると思う。




にほんブログ村


発掘 お仕立てパンツ 【実装】


昭和の日本男子体形に合わせて作られたパンツを
ウエスト調整だけして完成。

ハイウエスト (3)


ハイウエスト化して穿いているからか股下が婦人サイズです。

ハイウエスト完 (1)


うしろがよりハイウエスト。

ハイウエスト完 (4)


前に戻って、
ベルト通しの位置と半月カッティングのポケットがえぇですのん。

ハイウエスト完 (2)a


なかなかフツーに見えるので、
フツーに穿いてます。

ハイウエスト完 (5)

合わせている白シャツはいつかのYシャツリメイクブラウス。
ユニQロとは合わぬが、そんなシャツとはよく合います。

古Yシャツを着潰すチャンスなので、発掘調査にかかります。




にほんブログ村


発掘 お仕立てパンツ 【ボタン付け替えてサイズ調整】


すっかりご無沙汰しました。
それもこれも寒かった。
そろそろミシンも踏めそうな気候になってきました。
とはいえ、撮り溜めたとりとめもない画像をアップしてゆきます。

古箪笥の整理をしていてたまに面白いこともあります。
親戚の故人に数人、洋裁、仕立て屋関係についていた人たちがいます。
その人たちが作ったと思われる洋服をみつけると、けっこう楽しい気分になるんです。

今回発掘できたのが、コレ。

ハイウエスト (1)

神戸にいたという仕立て屋さん本人のモノか?
洋服は貴重ってことでウチに流れてきたんじゃないかと思われます。
昭和の一般男性サイズで、小柄です。


ハイウエストで、

ハイウエスト (1)a


ポケットや、切り替えが凝っていて面白い。

ハイウエスト (1)b


前ボタン式だったので、ボタンを付け替えてサイズ調整。

ハイウエスト (2)


ホックが取り外せなかったので、ボタン糸でループを付け直す。

ハイウエスト (2)c


友人との泊りがけの行楽があったので、 前作どってことないYシャツ と合わせて着て出かけました。
「Yシャツは襟と袖を直して、パンツはボタンでウエスト周りを調整したんだよ」
なかなかフツーにみえるでしょ?と得意げにしてみたところ、
「きっと何か手を加えたものだろうと思ってた。
けど、100%自作したのか、どうなのか、ずっと気になって見てたの」
と言われ、観察の視線をまったく感じなかったので、女子って怖ぇなぁって改めて思いました。

新品で、袋に入ってまま古くなってるYシャツがたくさんあるから直して送ろうか?
と訊くと、友人は少し考えていた。
「迷惑でなければ・・・」
そう言った友人の目の光り方が、わりと本気だった。

春から古着処分がんばるぞー!!




にほんブログ村


ただのYシャツをフツーに直す 【完成】


どってことなく完成。

シャツ (7)


袖口の仕上がりっぷり。

シャツ (6)

これくらいの幅に縮めてやるとボタンしたままでも手を通せます。
ボタンの縫い付けをギチギチにせず、長めに取ればより余裕が出来ます。


低めのスタンドカラーになった襟。

シャツ (8)


ウエストを絞ってみてもよかったかもしれません。

シャツ (7)a


いつか作ったマッチーパターンの 12本ダーツブラウス みたいにするのもいいかもな。

シャツ (7)b


裾布に余分があれば襟にフリルなんてあしらってもいいかもしれない。

シャツ (8)a

袖をキャップスリーブ丈に詰めて、袖布をフリルに転用して、
友人に作った モジャフリル みたいにしてもいいかもしれない。
袖布からじゃ、たいした長さのフリルは作れないかぁ。

古シャツはたくさんあるので試してみよう。



にほんブログ村


ただのYシャツをフツーに直す 【修正】


縫い目を解いて襟を取ったら、キワを縫い直して、
襟の処理は終わり。

シャツ (4)

低めのスタンドカラーになっただけ。

しっかり跡が付いているので縫い直しは楽だと思います。
喉もとのボタンを外して付け直すのが手間だったかな。

縫い直しが面倒で、切れ味の良いハサミを持っている人は襟を切り落とすのが楽だと思います。
わたしが持っているのは小学校の家庭科で買わされる裁縫箱装備のステンハサミ。
キワを切り込んだつもりも、切り残しのケバが目立つ気がして回避。


で、袖口。

シャツ (3)a

業務用ミシンの緻密なボタンホールを使いまわしたいと思い、
上を削って、


下で縫い代を多めにとって幅の調整をしようと思いましたが、

シャツ (3)b


数秒思案した結果、下をボタンホールごと切り取って
ボタンホールを付け直したほうが楽だと簡単な答えを出し、

シャツ (3)c


簡単に仕上げて、縫い付け直して、
終わり。

シャツ (5)

腕の長さ調節もかねてカフスを削りましたが、
幅広カフスが好ましい人は、袖布のほうを削れば良いと思います。

ただ、5~7分丈まで袖布を削ろうと思うと、袖布の開きを使いまわせなかったり、
新たに開きをつけなきゃいけなくなる手間が立ちはだかると思います。

何を選ぶかは個人の好みとヒマのもてあまし方でしょうな。



にほんブログ村


ただのYシャツをフツーに直す 【発掘】


スラックスばっかり直していたら飽きたので、シャツ等を発掘。

シャツ (1)

家にはびこるシャツ系古着の10分の1ってとこですかね。
この、3倍くらい、袋に入って値札つけたまま黄ばんでるシャツ類があります。
総計1割くらいがそのまま着れそうな新品シャツってかんじです。
・・・もっと少ないか。

着古された古着のみなさんでして、
着尽くしたネルシャツや保温効果の怪しげなコーデュロイなんぞがあります。
が、どこかのファストファッション店の生地よりは厚くしっかりしている。
それだけが昭和の名残りという生地たちなので、もうひとシーズンくらい着れんじゃね?

ってことで、1着選んでみる。

シャツ (1)a

よくある、ただのYシャツです。
襟首が黄ばむほど尽くしてないが、、タンスに突っ込まれている間に
服として存在することを諦めたような疲労感をまとったYシャツです。


シャツ (2)

とりあえず、芯が硬い襟とカフスを外してみる。




にほんブログ村


紳士用スラックス 量産型リメイク 【実着】


そんで穿いてみる。

ストライプ (7)


ふむ。
紳士用にしては細めのストレートって感じなんだろうか。

ストライプ (8)

しかしまだ婦人用には太さがあるかなぁ。
まぁ、冬用防寒衣類に分類だし、
なんならスキニーの上からさらに穿ける幅ってことでいいんだろうな。

いらねーなと思ったら、丈を調整して叔母とか大叔母に押し付ければよし。
それで、よし。
万事、よし。




にほんブログ村