プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

ネル風の羽織モノ 【実装】


ネル風シャツをなんか羽織る感じのものにしてみました。

着てみました。

ネル着 (1)b

ウエストが出来て、幅広の袖ぐりが着物スリーブ風です。


脇からの図。
前身頃真ん中あたりと、後ろ身頃を引張り気味にたたんで脇で留めています。

ネル着 (1)c

脇の留め位置が上過ぎると肩の動きが悪くなります。

脇の下にシワがたまってますね。
ショートジャケットにあるように背肩ぐり部分にタックをたたむには・・・
解体するしかないのかなぁ。


うしろ身頃も中心線から両脇にタックをたたんだほうが良かったかなぁ。

ネル (4)b


等分タックバージョンも試してみようかな。




にほんブログ村


ネル風シャツを羽織れるやつに直す


最後の一枚は、3のネル風シャツです。

Yシャツ類2

ヨレヨレながらも某大手衣料店の新品よりも生地が頑張ってます。
昭和の生地は真面目です。
なかなか良いボタンも付いている。
外しとこう。


襟なんてもうレロレロなので、深くV字にえぐります。

ネル (2)


袖カフスを外して、
折り返してジグザグミシン一回こっきり処理。

ネル (5)


名のあるビンテージでもないただのヨレヨレ生地なので
ぺらぺら羽織るよりも多少ピタッとさせるといいかなと思って絞ってみます。

ネル (3)

だいだいダーツが入りそうなとこにタックを付けてみる。


後身頃の余りは、脇線にたたんでくっ付ける。

ネル (4)a


ボタンは要らないかなとも思いましたが、飾りのかわりに付けてみた。

ネル (1)

密集させて3つほど。
へぼいボタンに付け替えましたとも。




にほんブログ村


Wコーデュロイ 【実装】


コーデュロイシャツ を作りました。
おっかさんに渡すまえに着てみました。

コデュ着 (1)

袖口をキュッとしぼったら良かったかもしれない。
まぁ、わたしが着るんじゃないからなぁ。


コーデュロイジャケット を作りました。
重ね着してみました。

コデュコーデb

したに着るのはジャケットの袖丈に隠れるか、
長めの長袖が良さそうですな。

Yシャツなら、捨てる気が失せたほどあるぞ。




にほんブログ村


大きいサイズのコーデュロイシャツをショートジャケットにリメイク


1のコーデュロイシャツを直そうと思います。
紳士モノMサイズ。
羽織ってみると、指先より袖が長い。

Yシャツ類2

襟がしっかりしていて、厚地。
ジャケットに出来るんじゃないかなぁ。

図書館で立ち読みしたファッション誌による
ショートジャケットのカッコイイ比率、
着丈は短く袖は指先が出る程度に長く細い。


ふ~ん、と思うも、
切る。

シャツジャケ (1)


着丈も袖丈も短いやぼったさにこそ気安さと着易さがあるわけよ。

シャツジャケ (3)


裾上げダブルステッチ。

シャツジャケ (3)a


袖も同じく。

シャツジャケ (3)b


裾も袖も幅広に折り返しました。
裾は何とかなることが多いですが、
袖の折り返し幅には注意が必要です。

シャツジャケ (3)d

縫い代出してなんとかしのいだ。


完成。

シャツジャケ (4)

おっかさんがまた見てる。
コーデュロイ生地が好きなのかなぁ。
着てみる?
ささっと寄ってきてちょいとはおって、「重い!!安物かっ!!」

いらないってさ。




にほんブログ村


コーデュロイシャツをシャツジャケット風に直す


次ぎはどれ直すんだろうって祖母の視線を受けながら
2にいってみようと思います。

Yシャツ類2

綿100%コーデュロイ生地です。
木のボタンが古臭くていいです。


襟を取る。
カフスを取る。
シャツ様式の裾を削る。

コデュ1

せっせこ準備をしていたらおっかさんが現れました。
「ソレ、着てやってもいいよ」
祖母の頭越しに陽気に要求してきた。
祖母を見ると、うん、諦めた様子で古着に興味をなくしている。
「ただし、まともになったらね」
期待値を感じさせずに母は去っていった。


袖口の、

コデュ2


開き始末。

コデュ3

ホントはスナップ留めにしようかと思ってましたが、
おっかさんが着るってんなら、省いちゃえ。


完成。

コデュ5

特にアイロンをあてることもなくヘロヘロのままですが、
「軽い、今の時期ちょうど良い」
おっかさんは満足そうだった。

ハードル下がったなぁ。




にほんブログ村


長袖ニットを長袖のままにしておく


ニット地用針がついたままなので、
5のニット地長袖シャツを直そうと思います。

Yシャツ類2


芯が入った硬い襟と、硬いカフスがポロシャツ地とは違った仕上がりです。

ニット1

邪魔っつーことで、


襟を取って、

ニット3

キワを縫い閉じる。


カフスを取って、

ニット4

表からジグザグミシン。
ジャージーっぽいのかな、ほつれにくい生地だった。


さっくり完成。

ニット2

紳士モノだからか、
カフス分を削ってもまだ長袖です。


まだ一枚で着られるような陽気じゃないなと 前作5 と6を脇に置いといたら
祖母がまとめて持っていってしまった。

たしかに、 前々作4 は祖母に与えた。
良さげなボタンを外してしょぼいボタンに付け替えて、下げ渡した。
5と6も自分に作ってるんだと思ったんだろうな。

なるほど。




にほんブログ村


ニットシャツを半袖にした


次ぎは6いってみよー。

Yシャツ類2


ニット地です。

千鳥1

とりあえず、襟とカフスが邪魔ですな。


でかい、とがった襟が開襟してます。

千鳥2

裾広がったGパン穿かなきゃいけなきゃいけないくらいの開襟っぷりです。
全盛期の爆破シーンがハリウッド越えしてたらしい刑事モノで
こんなん着てたら殉職コースまっしぐらってくらいの古さです。


襟とカフスは袖ごと省略しました。

千鳥3

襟の名残が開襟ハイネックなしあがりです。


開いてみても、控えめな開襟になりました。

千鳥4

長袖にしとくには柄がうるさかったので半袖にしたのですが、
しばらく着れないな。




にほんブログ村


すけシャツリメイク


そんじゃま、
4の薄地クレープ生地シャツをさっくり直してみようと思います。

Yシャツ類2


襟とって、袖切って、終わり。

シャツ1


剣先の名残が残ってます。

シャツ2

コレを切り取るくらい詰めると半袖になりすぎるかなと。

ほつれる感じのしない生地だったので、
襟を外した襟ぐりと切りっぱなしを折り返した袖口は表からジグザグミシンをかけただけ。

かなり古いシャツの仕立てられ方でした。
なにぶんボタンが立派だった。
クリアーボタンに白マーブル模様と気泡が涼しげでこのボタンが付いていたので捨てるのが惜しかったのだなぁ~。

作業中、祖母が熱い視線を送ってきたのでボタンを付け替えて、祖母に渡しましたとさ。




にほんブログ村