プロフィール

うずら

Author:うずら
箪笥に眠りっぱなしの古布たち。
とうに時代が変わったことにさえ気付いていない様子です。
ずっとココにいた布と出逢ってみる。
古布リメイクブログ 「アオイトリ」

管理人の うずら です。
どうぞ、よろしく。

カウンター
辻占い
カウンターを設置しました。
キリ番はありませんが、インチキ辻占いでもしようと思います。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

ワンピースをツーピースにリメイク 【Tシャツ分離】


昭和のワンピースです。

ツーピーパジャマ (1)

少し伸縮性のある綿です。
良い雑巾になりそうですが、祖母のパジャマに良いんじゃないかとおっかさんが言っています。
しかし、年寄りに長い裾の服は危ないとも言っています。
作り変えさせる気です。
そんでもって、ほどほどの出来なら祖母にはやらずにひと夏着潰してやろうって魂胆のはずです。


とりま、分割。

ツーピーパジャマ (1)a


カギ編みの飾りがなければ折り返して表から一発ジグザグ縫いで終えられましたが、
カギ編み部分がほつれないようにそこそこ気を付けてジグザグ始末をしました。

ツーピーパジャマ (4)b


今どきこんなにキッチリ袋縫いで始末してないよって縫製のため、
やけに厚みのある部分があるので、折り返しをちょっとずらして裾始末します。

ツーピーパジャマ (2)d



そんなこんなで、ワンピースから分離してTシャツを切り出しました。

ツーピーパジャマ (4)

なかなかゆったりと裾広がりです。
紐付けっぱなしにしといた方が良さそうだな。




にほんブログ村


大判ウールストールを羽織るモノにリメイク 【完成】


と、いうワケで、穴を開けただけですが
出来ました。

羽織り (6)

穴あけ位置を下げるほど、衿っぽいだぶつきが出来てニュアンスになるってことなんだな。


うしろ姿。

羽織り (6)a


垂れ下がりが長いので、
縛ったり、

羽織り (6)b


留めたり、

羽織り (6)c


巻き付けたり、

羽織り (6)d

オシャレな人はいろいろやるんでしょうね。


ともあれ、完成。

羽織り (7)


フェルトタイプだと切り抜いたままで後処理が必要なくて良いかもしれませんね。
生地の織りによっては切りっぱなしを乱してフリンジにしても良いかも。




にほんブログ村


大判ウールストールを羽織るモノにリメイク 【切り抜いて・縫う】


なんていうんでしょうね、こういうの。

羽織り (1)

幅広マフラー?大判ストール?ひざ掛け?
そんな感じのサイズのウール製品です。

祖母が貰ってきた古着の中に数枚はいっていました。
おっかさんが見つけて、
「こういうので夏場の冷房よけに袖なしにして着てるの見たことがある」
へー。
「これ大きいから作れるんじゃなーい?」
へーー。
「はいっ!!」
ポイッと放ってよこした。

どうやら、夏に羽織れるウール製袖なしを作れってことらしい。
四角い布から作る簡単袖なし。
そんなのをどこかで見たことあったな。

KANA’S STANDARD


コレに載ってたのは袖付でしたが、
袖付けずに作ってみようと思います。


腕通し穴を開けます。

羽織り (2)b


縫い代を折り返して始末しようと思います。

羽織り (3)a

カーブがきつそうなトコに切り目を入れて、


折り返して、手縫いで縫ってしまつ。

羽織り (4)b


端ミシンかけたり、バイアス布でしまつしたり、
本の通りに袖付けたり、
やり方はいろいろあると思います。

羽織り (4)c

袖付けるのなら、端々のしまつが増えますが、
共布のフリンジ部分を袖にしても良いのじゃないかと思います。
別物のマフラーを合体させても冬物しまつになって良いと思います。


手縫いの仕上げはこんな感じ。
こういう生地は縫い目の粗さが目立たなくって良いですなぁ。

羽織り (5)

擦れてる方を裏にすれば良かったなぁ。
検分が甘かったなぁ。
おっかさんのだし、まぁいいか。




にほんブログ村


和装肌着を寝巻きにリメイク


タンスの着物探索で一緒に出てくる昭和の和装肌着。

P1010096.jpg

浴衣寝巻きには良いのかもしれませんが、
イマドキノ洋装では前がはだけてしまりがない。
わざわざ腰紐結ぶのもなー・・・


だったので、縫い留めました。

P1010096a.jpg

やっぱ、さらしは気持ち良いやね。


気をよくして、雑巾にしかならないだろうと思われていた
昭和の伸びる綿肌着も使いまわす。

P1010098.jpg


脇を縫い留めて、カシュクール仕立て。
前が垂れてはだけるようなら、頭の通りを確認して胸元も縫い留める。

P1010098a.jpg


今どきないしっかりした厚地です。
妥協をしない義務教育下のジャージの丈夫さに通じる手厚さ。
昭和はしっかりしてたよなー。
昨今、廉価品大量生産で障子紙みたいな生地が多いもんなー。
1年で廃品物にはそれでそれなりの良さがありますけどね。
30年品質保証のジャージとか、捨てられねぇもんなぁ。




にほんブログ村


和装肌着を稚児の肌着にリメイクする 【揃える】


というワケで、肌荒れしているらしいチコに肌着服をこさえてみました。

上着2枚、パンツ1枚。
セットその1

チコ肌着 (15)


その2

チコ肌着 (16)


こんな生地です。

チコ肌着 (17)

手拭いともガーゼともまた違って、凹凸が柔らかく気持ちのいい生地でした。
夏の肌着に良さそうです。
自分用にも欲しくなりました。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村


和装肌着を稚児の肌着にリメイクする 【フレンチスリーブシャツを作る】


ちゃっちゃか作って型取りした最後の一枚はフレンチスリーブ。

チコ肌着 (2)


今回作ったのはどれもこれも楽仕上げです。
肩と脇の縫い合わせは、縫い代を2枚まとめて端ミシンをかけていますが、

チコ肌着 (2)a


えりぐりや裾は縫い代を折り返して
表からジグザグミシンをかける超アウトレット仕立てです。

チコ肌着 (2)b

楽で早かった。
チコごときとの侮りがなければ到底やれない業ですな。


あんまり手間なくできたので、胸開きに紐でも付けておいてやるか。

チコ肌着 (4)

団子に結んでも解きやすいように二重にしておく。


と、いうワケで、完成。

チコ肌着 (14)

肘を折っても袖が通るように袖口をもっと広げればよかったなぁ。
今度はそうしよう。
チコの服作りにいつまで 次ぎ があるのかは分りませんがね。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村


和装肌着を稚児の肌着にリメイクする 【ラグラン完成】


上着の型を縫い合わせます。

チコ肌着 (9)

前後身頃はさらし幅のめいっぱいに広げました。
大人サイズでもいけると確認できた。
最近流行のオフショルダーでもいけそうです。
ギャザーで縮めてチコサイズにします。


ゴムを通して、完成。

チコ肌着 (11)

袖口にもゴムを入れても良いのですが、
めんどいので、いくらチコのといえども、やんない。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村


和装肌着を稚児の肌着にリメイクする 【パンツ完成】


パンツから作った。

チコ肌着 (8)

脇、股上の縫い合わせこそ縫って、縫い代を2枚あわせてジグザグ縫いしますが、
腰と裾は折り返して、表からジグザグミシンをかけて
切りっぱなしの端処理と裾の始末を一度に済ますアウトレット仕立てです。


ゴムを通して完成。

チコ肌着 (10)

ほかならぬチコのパンツですからね、ゴムくらい通してやりましたよ。
チコには随分楽しませてもらいましたからね。

いつだったか、チコ姉妹が遊びに来たとき、靴を抜いでわたしの前に小さい姉妹が居並びました。

ブバプバッ!!

小さな姉妹から大きな音がしました。
とりあえず、訊いてみました。
「・・・で、どっちだ?」
デコさんが傍らのチコを侮蔑的に見下ろして、「チコだよー」
もしも濡れ衣であるのなら、名誉の回復を手伝ってやらぬでもないとチコを見た。
犯人しか成し得ない形にチコの唇が持ち上げられていた。
「ところで、キミ」改めてチコに訊ねた。
「ミは出さなかっただろうね?」
チコが分らないという顔をしています。
訊かれた言葉の意味が本当に解らないようです。
「ミだよ、ミ。出たのは音だけか?」
チコの表情が変化しました。
今度は分っていてとぼけています。
「ミが出たか、わかんないのか?じゃあお母さんに見てもらったほうがいいよ」
ひとり、この会話には決して加わる意図をみせずに頑なに窓外を見え上げていた友人を指差してやる。
「おかーたーん、ミが出たか見てみてーって言って、ぷりっと尻を出せば良いんだよ」
チコに細かな指示を与えていると「あ”あ”あ”ぁ~~~」観念した友人が這い寄って来た。
本当にイヤそうにチコのパンツの中を覗き込んで、「・・・えっ!?」
アタリか?
「・・・あ、大丈夫。大丈夫です、、、」
ほっとして退っていった。
「ミ、出てなかったって」
チコに教えてあげると、チコときたら、ニヤニヤしてるんですよ。
お母さんにパンツ検めをさせるまでがチコの遊びだったようです。


チコは面白いので、パンツにゴムくらい通してやりますとも。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村